人気ブログランキング |
注射器はピアノの作業で使うのですが、なかなか良いのがないのでした。ところが、あまり行かないダイソーで、ちょうどいいのがあったので、うれしくなり、まとめて買いました。

針が長く、部品の奥まで届きます。また、針の差し込みがネジ式なので、狭いところに針を差し込むこともできます。

いやあ、うれしい。

ダイソーで売っている注射器_d0164691_2034874.jpg

忘れ物が気になって仕方ありません。

1月から3月は、おもに学校の調律がはいります。学校調律は、もう10年以上もやっているので、「勝手知ったる人の家」状態で、どこのピアノがどんなでどんな部屋に置いてあって、トイレがどこにあってとか、すっかり頭に入っていますω

それはそうと、最近気になるのが忘れ物。いやあまりないんですよ。でも、広げた道具のなにかを忘れていないか? とか、作業手順の大事なところを抜かしていないかとか、いちいち気になります。

終わって帰り支度もすんで、そこでさらに、もういちどピアノを広げることもあります。

フォビアだなと自分で思っています。
町田のピアノリソースセンターという、ピアノ工具専門店で売っている潤滑剤です。作業時間がとれず、でも鍵盤のタッチを軽くしたいことが、ままあるので、買いました。

技術者でないと用事がないものだし、技術者さんはご存知だろうから、誰に向けて書いた記事か我ながら分からないω まあ、毎日アップするブログはどんなことでもテーマにしないと保たないので、しかたない。

マックルーブリキッド_d0164691_14493875.jpg

2005年の年末から、レイバーンサイバーチューナーを使っています。もう8年になるんだね。2008年に、ハードのPDAが調子悪くなって、交換しました。そして2012年に、PDAのバッテリを交換しました。このときは2個入りのセットを買ったのですね。まだまだ使う気まんまんでした。

今年に入ってから、突然にバッテリの充電ができなくなり、困り果てました。充電もできないし、コードにつないでも給電してくれない。つまり、いまの充電を使い果たしたらおしまいなのです。

仕方ないので、あたらしくiOS用に刷新されたiRCTを買いました。あーあ。

PDA用を買ったときに、ハード込みで18万くらいしました。今回は88920円ですが、来年から7800円の更新料がかかるのですよ。一年なんかあっという間だよな。

http://www.piano-re.com/rct.html

ついでに、スクリーンショットを何枚か。

基音を0,1ヘルツ単位で設定できる。
サイバーチューナーを買い替えた_d0164691_13571693.png

調律のモードがたくさんある。
サイバーチューナーを買い替えた_d0164691_13585635.png

調律の道具かばんに使っていまして、7、8年は確実に経っていて、おそらく10年以上になります。

15キロもの荷物を常に運んでいたんだから、大したもんです。丈夫です。

ステッキになるのびる持ち手が伸びなくなる故障があって、直すのもめんどうだからそのまま使いましたが、それ以外は大きな不具合もありませんでした。

最近、車輪が割れてしまったので、買い替えることにしました。

通販生活のステッキキャリー_d0164691_12443523.jpg

僕が埼玉まで調律に行くようになって10年近くになります。はじめのころは紙の地図を広げて、うーんと言いながら行きました。

最初に行ったときには、帰りになぜか日本橋の方に行ってしまって、国道1号で帰ったのです。

あと、環8には長いトンネルがあって、ずっと前はそこを工事していたこともあります。地下に降りれずに測道をくねくね誘導された記憶がある。

トンネルの中で分岐があって、いつもそこで間違えるんだ。覚えろよ>おれ

ここ2、3回は、グーグルマップとモバイルwifiのおかげでらくちん。間違えても簡単に復帰できます。

10年も通うと、いろんなことがありますね。
アップライトピアノは鍵盤を外すのも簡単なのですが、グランドピアノは、けっこう面倒くさいです。

まず、鍵盤とアクションを引き出し、ねじ止めを外してようやく鍵盤にアクセスできます。

ところがですね、この道具を使うと、鍵盤を外さなくても、さらに言えばピアノから引き出さなくても、良いのです!

鍵盤をいじるときは、たいがい動きが悪いときで、固いところをつぶして対処することが多いんです。そういう時に、これがあると、らくちん。

鍵盤を外さずに鍵盤を直す_d0164691_20585196.jpg

面白いピアノを見かけました。手前の化粧板がはがれていて、中がよく見えます。このピアノは、11層重ねです。

グランドピアノのあのカーブは、薄い板をカーブに沿ってプレスしながら貼り合わせて、作ってあるんですね。

じつはもうひとつ、ブロック状の木を積み重ねて、あのカーブを作る製法があったと記憶しているんですが、検索してもよく分からず、自信もないのでまた今度、よく調べてから紹介することにします。

ピアノの外装の層構造_d0164691_8192443.jpg

調律師は、自分で調律したコンサートのリハーサルを、すべてではないけど、たいがいタダで聴けます。

実は、あまり聞きたくないです。ぼろが出たら嫌だし、さっさと帰りたい。でもそうはいきませんよね。奏者がなにか気になることがあったら、直さないといけない。

あまり調律を気にしないプロ室内楽団の調律を、定期的にやっているのですが、この仕事は良いです。リハーサルを楽しく鑑賞できます。いつも同じホールを使うので、僕の方も慣れているし。
チューナーに使っているHPのPDAのバッテリが、4年の使用に、そろそろやばくなってきました。満充電しないし、すぐにへたる。

年明けから忙しくなるので、今のうちになんとかしないとな・・と思って検索したら、あっさりとサードパーティのバッテリが見つかり、発注、到着しました。

これでしばらくは安心。