人気ブログランキング |
みちゃった。ひどい映画だ。これはスピリチュアルの広告ですね。コロナ禍のステイホームでやることない日にでも観るといいでしょう。

映画「幻魔大戦」_d0164691_15401040.png
https://www.youtube.com/watch?v=JP1mIopr8Zs

タグ:
「破」から 間をおかずに観ました。

なにこれさっぱりわからないω
全編が碇シンジの深層風景なのかな?
なおアスカに少しだけ好感を持った。







前作の「序」を見たのは10年以上まえのことです。それ以降「破」も「Q」も観ていません。

なんとなくグーグルプレイを検索していたらあったので観てみました。テレビ版と微妙に異なるパラレルワールドです。使徒のデザインや演出がオーバーになっていていました。

2020年に見るとロリというかペドというか、若年者の肉体描写が気になりました(不快です)。




シャーリーズ・セロンが出ているので観に行きました。

セロンさんのくせに人を殴らないのなω

面白かったけど、登場人物が多くて一度では全体像がつかめませんでした。そのうちストリーミングでやるだろうから見直します。


https://gaga.ne.jp/scandal/
映画「スキャンダル」_d0164691_1733898.jpg


タグ:
映画館で見るのは新年の「ボヘミアン・ラプソディ」以来かな。

ここ数年の日本の嫌な事件が濃縮されています。ざっと挙げるだけで山口敬之のレイプ事件、加計学園、近畿財務局の官僚自殺事件、公文書改ざん事件、などなど。

まあつまり安倍政権のからんだ事件なんですね。それをいちど解体して、新たに組み立て直したのがこの映画です。

内閣情報調査室が出てくるんですが内閣情報操作室と言いたくなるような部署です。DAPPIなんか内調が管理してるんじゃないかω

僕はついリアルと重ねてしまって、観ているとけっこうつらい映画でした。


タグ:

原作マンガやテレビシリーズの「スペースコブラ」とはテイストが違い、以前は嫌いでした。


最近きまぐれに観てみたのですが幻想的な風味が強くて、意外と面白いω 舞台となる各惑星がみごとに異世界で美しくていいですね。演出も多少わざとらしいのですが時代を考えると仕方ない。





僕はクイーンについては存在を知っているだけでメンバーや曲も何も知らずに出かけましたが実に面白かった。

ライブ場面では「オーッ」と声をあげたくなるんだけど映画館だからそうもいかない。爆音上映会に行きたいなω

全てが史実ではなくフィクションも混じっているらしいけど僕はクイーンを知らないので、そんなことはどうでもいいのです。



タグ:
想田和弘監督の観察映画です。つれあい氏が「選挙」「選挙 2」のファンなので、機会があったので一緒に観ました。

選挙のときに、ほかの候補は敵なので中指立てて「てめえブッコロス」とやりあうのかと思えばそうではなく、「おたがいにがんばりましょう」と(欺瞞っぽい)エールを交換するのですね。

まあ観察されているのでそういう態度をとるのかもしれませんが。

ところでたいがいの候補はカメラを前にごく普通に振舞っていました。中にはカメラを嫌がる人もいて、どうやら前作「選挙」のトラウマらしいのですが未見なのでわかりません。
一回目は映画館で、二回目はグーグルのストリーミングで、三回目はDVDで観ました。

3度目でやっとキャラクターの区別がついて結末を理解できました。

何度見ても面白いのでまたみます。
タグ:
お正月に、久しぶりに観ました。二年ぶりか三年ぶりか。

ひたすら長いです。3時間半くらいあります。3つくらいのグループに分かれて並行して話が進み、途中から細かいことが分からなくなります。

こまいことは正直どうでもよくて、雰囲気だけを感じれば面白い映画なので、たまに観たくなるのです。