人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

デモや暴動で投げるのにちょうどいいサイズの黒曜石です。

d0164691_20153327.jpg

ここ数年、ツイッターで一部のオタクの言動に嫌気がさしています。みなさまはご存知か知りませんが「表現の自由戦士(戦死)」ですね。彼らの無神経な女性観やヘイト癖が、澁澤龍彦にも備わっていることに気がついたのです。


下のバナーは僕の発言なんだけど、澁澤の「少女コレクション序説」には性犯罪者予備軍の妄想にしか読めない一節が含まれているのです。彼の作品を無邪気に楽しむことは、もう僕にはできません。彼は早く世に出たキモオタあるいは「表現の自由戦士(戦死)」です。


(おまけで書きますが、僕はオタク首脳部であるところの山本弘氏の「神は沈黙せず」が好きで、このブログでもなんども取り上げました。同書はいまでも好きです。でも本人は、澁澤と同じ理由で嫌いになりました)





僕は20歳ころに澁澤龍彦を知り、それ以来のファンです。全集も揃えました。といっても読んだのは始めのうちだけで、半ばくらいからは書棚の飾りなのですが。やはり読書するには文庫が気軽でいいですよね。


当ブログのはじめのタイトルは「夢の博物誌」ですがこれは「夢の宇宙誌」から付けたものです。それだけ好きだったのです。


「夢の宇宙誌」と同じような作品である「胡桃の中の世界」「思考の紋章学」は何度も読み返しました。「快楽主義の哲学」も好きでした。




伊豆の国にある公園で、源頼朝が幽閉されていた場所のようです(興味がないのでテキトウですいません)。画像は頼朝と静御前ですたぶん。

ジオでもなんでもないんですがタグを付けました。

d0164691_09242422.jpg

谷甲州

航空宇宙軍史


<航空宇宙軍史>では「終わりなき索敵」と「星空のフロンティア」の二作しか読み返すことはありませんでしたが、数年前に完全版が出た時には未読だった「星の墓標」「最後の戦闘航海」を読み、25年ぶりくらいに「カリスト 開戦前夜」「タナトス戦闘団」も読み返しました。


上はまあ、おまけの話題なんですが、今年に入って「仮装巡洋艦バシリスク」を久しぶりに通読した次第です。「星空のフロンティア」は幻想味が多い作品で僕はそれが好きです。記憶では、それ以外の収録作品はもっと地に足のついた(宇宙だから地はないんだけど)技術者目線の短編だったのですが、実際に読み返すとその通りだったω


「星の墓標」を読んでいたおかげでバルキリーに対する見方が変わりました。また表題作が幻想文学で、これはまた読み返したいな。


記事を書いている今は「終わりなき索敵」を再読してます。僕は朝食を食べる時にしか小説を読まないので何日もかかるんだけど。




小さな黒曜石
d0164691_21374723.jpeg

d0164691_20215545.jpg

僕の本業であるところの調律をしようとしたら、iRCTに制限がかかっていてあせりました。1月の20日頃にライセンスの期限だったのです。その調律ではライセンスを更新できずに制限がある状態で作業を行いました。

帰宅してから、パスワードやクレジットカードを用意して更新を済ませた次第です。まいったまいった。



最近は黒曜石の写真ばかりです。これは断面がなかなか綺麗な黒曜石です。外のガワを剥いてみたいのですが、上手くできる自信がないのでそのままです。

d0164691_20544646.jpg
d0164691_20544501.jpg

土肥の海岸でガーネットが拾えると聞いたもので、ツーリングの途中で寄ってみました。拾ったのは以下の3つです。

手前の赤っぽいのがガーネットだといいのですがよくわかりません。うしろの白いのは瑪瑙? そんな簡単に見つかるわけないですよね。

d0164691_17155304.jpg