人気ブログランキング |

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

永久に、ではないでしょうけど、今この瞬間に、そういう計算をしているコンピュータは、たくさんあるでしょうね。

数学定理はひとつでも反証があれば、認められません。ですから、そういう力ずくでの証明を試す人がいても、おかしくない。

4色問題の「シリコンによる証明」は1976年ですから、フェルマーの最終定理でも、もしかしたら、シリコンの反証探しが行われていたかもしれませんね。
小田原アプリとは、何十年も前の商業ビルで、屋上駐車場にいくには、車ごとエレベータに乗ります。

ちょっとこわいちょとこわい。

物好きなものだから、ムービーを撮った。


前に記事にしたルンバ用バッテリーは、充電しても、すぐに電池が切れてしまい、「充電してください」とアラームが鳴ります。

ホームベースがおかしいのかと思い、コード直結で充電しても、同じ状態です。ルンバに付属していた、もともと使っていたバッテリーの方が、はるかに長時間駆動します(このルンバは1年半ほど使っています)。

メモリー効果を疑い、1週間くらい電源につながずに、放電させてから再び充電したこともありますが、効果はありませんでした。

仕方がないので、買ったお店にメールを出したら、すぐに交換してもらえました。新しいバッテリーだと駆動音まで違います。前のは不良か、古かったのだろうと思います。

通常だと、一週間以内の交換なのですが、特別に交換してもらえました。申しわけなかった。
小田原市内で見かける看板です。前にも投稿したことがあるかな。看板のバリエーションが増えました。

d0164691_16221888.jpg

4色問題の類似問題です。

王国を継いだ王子たちが、土地を分けるのですよ。その条件は「ほかの4人の王子の土地と接していること」。

つまりですね、
aさんの土地は、bcdeの土地と接していないといけない。
bさんの土地は、acdeの土地と接していないといけない。
cさんの土地は、abdeの土地と接していないといけない。
dさんの土地は、abceの土地と接していないといけない。
eさんの土地は、abcdの土地と接していないといけない。

これは4色問題が証明された今から見たら、不可能であることが分かります。だって、5人の土地が、全部接していたら、塗り分ける地図には5色が必要ですから。
共立出版
宮腰 忠


すこしずつ進めている本ですが、間違いを見つけました。二日ほどおいて、改めて見なおしても、やはり間違っているので、著者の宮腰さんにメールを出しました。

そうしたら、すぐに「訂正した」との返信をいただきました。2004年に出た本で、もうこの本の訂正箇所はないと思っていたのですが、自分で見つけれて、嬉しいというか、自分に感心しています。
たまたま、僕の身長とスタンディングデスクの高さの比が、黄金比に近かった。それだけ。
d0164691_7591562.jpg

円を微分してみましょう。yについての式に変形してからでもいいのですが、今回は直接に微分します。

円の方程式は
d0164691_7491038.png

両辺を形式的にxで微分すると、
d0164691_7494429.png

右辺は定数の微分だから、0になります。左辺のx^2は、当然2xですね。問題はy^2です。これは、yを割り振って、下のような式になります。
d0164691_7501679.png

すると、いちばん右はyを普通に微分する式になりますよね。ですから、ここで全体の式は、
d0164691_7504026.png

これをdy/dxについて解くと、
d0164691_7514919.png

となります。

この計算のポイントは、d/dxやd/dyの式を、普通の分数のように扱うことです。
d0164691_7462357.jpg