人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ずっと前にトイザらスで買った、反転するボールです。



僕の持っているのは、プラスチック製で手のひらサイズなのですが、サッカーボール大で、蹴って遊べるのもありました。ウレタンみたいな素材だった。

ねこが遊ぶかと思ったのですがそうでもなかった。ねこには大きすぎるんだな。
春にオフ会で行ったのですが、今回は妻と行ってきました。

夏休みの土曜日だったので、人出が多くて、一階の展示はあまり見れませんでした。もう少し遅い時間だったら良かったかな。

d0164691_19352512.jpg


せっかくなので、巨大水門「びゅうお」にも登ったのですが、妻が高所恐怖症を発症して、ガクブルして可哀想だった。下から見上げていた時には、楽しみそうだったのにω

d0164691_19355081.jpg

僕はまだ夏休みなので、7月17日のデモに行ってみました。なにごとも経験です。はじめから参加している知人について行っただけですがω おかげで鉄道路線や出口のことをなにも調べずにすんで、らくちん。

肝心のデモは、あんがい人が少ない印象を受けました。そのくせお巡りばかりたくさんいる。同行の知人によれば、あちこちで区切られているからだそうです。そうか補給線を分断されているのか!

囚人護送バスが道をすっかりふさいでいました。あと、もんじゅくんのウチワを持ったおばさんたちが、ずっと世間話をしていておかしかったですだよ。

原発は嫌だなと思う人は、話のタネにいちど参加してみるといいですよ。どうせ主催者やほかの参加者と、完全に意見が一致するわけはないんですから。興味本位でいいんです。

行き帰りの電車で、最近はあまり読む時間もなくなった小説を、久しぶりに読んで楽しかった。
数年前、所属している調律師協会の研修で拝見しました。メーカー名を失念したので、名前は書けませんorz

グランドピアノでは、弦をたたくハンマーは重力で落ちてきます。でもアップライトでは、バネやテープの引っぱりで、もとに戻るのですね。その力を補助するために、磁石を取り付けたピアノがあったのです。

検索しても、あまり出てきませんから、一般的ではないのでしょうかねえ。
東名の秦野インターを抜けると右手に見えます(下りの場合)。砂口配水池といいます。あまりにも独特すぎる形状がいいですよね。

ここは形状もいいんですが、敷地がただの草むらで、塔の一階部分は入れるんですが、蛍光灯が割れたままだったり、ゴミが打ち捨てられていたり、遺棄された新興宗教施設みたいなのも楽しい。町の職員さんがあまり来ていないのがよくわかります。

中に入るとポンプの音がごうごうと鳴っているのも、不気味な雰囲気を演出しています。

d0164691_6594128.jpg

円周の長さを測るために、地面にロープで円を書くとします。そのロープを伸ばして、直定規で長さを測れば、円周の長さが分かる。

でもこの手法では、曲げたロープとまっすぐなロープが、同じ長さでないといけません。常識的に考えると、まっすぐでも曲がっていても同じ長さですが、あえて常識を疑ってみます。

さてでは、どうやって円周を測りましょうか。長さが分かっている直定規を、円にそって並べてみましょうか。

直定規を3本使えば、三角形になり、4本なら四角形、・・・と本数を増やすほど、円形に近くなります。円周の長さは、外側に沿って並べた直定規と、内側に沿って並べた直定規と、そのあいだになります。

図では四角形ですが、脳内でもっと多角形を想像してください。

d0164691_7352869.jpg


(この記事を書いたあとで、これはアルキメデスが使った方法であり、しかもアシモフがエッセイに書いていたことを思い出した)
アクセスすると言いますよね。この言葉は、急速に意味が拡大しているように感じます。はじめは、PC内部でコンピュータが、HDDやメモリからデータを読み出す意味だったと思います。それが、道や路線のつながりを示すようになり、また「何かに手が届く」の意味にも使われます。

で、「アクセスする」。もはや日常語ですよね。アクセスは、アクセスとしか言いようがなくなっている。

こうして言葉は融合してゆくのか、と思います。
水平や斜めにものを投げた場合、縦方向は重力加速度Gの影響を受けますが、水平方向は初めに与えられた速さで等速運動するのですね。

だから、x軸の目盛りをそのまま、時間軸に置き換えても、成り立つわけか。なんでも勉強してみるものです。

ニトリで買った9000円のバカルンバですが、なかなかいいですよ。板の間ならばっちりです。

会社で使っているのですが、自宅でも試そうと思い、いちど持ち帰ってみました。ねこのトイレの砂も、しっかりと吸い込みます。そして本ルンバより小さいので、狭いところにも入り込みます。

自分の判断で止まらないので、部屋に閉じ込めてスイッチを入れておけば、バッテリが切れるまでひたすら動きます。ちょっと気の毒ω バカで吸引力も小さいのですが、それを稼働時間で補うようなもんですね。

ツカモトエイムのサイトでは「販売終了」とありますが、楽天やニトリではまだ投げ売りしています。だめもとで試せる価格なので、興味があればぜひ。

d0164691_7463626.jpg

某SF小説で、この宇宙は実は直径1光年くらいの、囲まれた宇宙でしかなかったと判明する場面があります。

ところで精神異常のひとつに、「宇宙は囲まれている」と主張する症状があるらしいのですね。この小説では、むしろ精神病患者の方が正しいことを言っていたことになり、精神科医が混乱するようなことが書かれています。

うーっむ、そうかな。社会の統一見解が「宇宙は150億光年の広がりを持つ」であるならば、「宇宙は狭く、囲まれている」主張は、社会的に間違っているのではないか。