人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1=0

a=1 b=1 とする。

aとbは等しいので、
b^2=ab (等式1)

aはそれ自身に等しいから、
a^2=a^2 (等式2)

等式2から等式1を引くと
a^2-b^2=a^2-ab (等式3)

この式を因数分解すると
(a+b)(a-b)=a(a-b) (等式4)

さて両辺を(a-b)で割ると
a+b=a (等式5)

両辺からaを引くと
b=0 (等式6)

b=1なので、
1=0 (等式7)

というような式が、先日読んだある本に載っていました。これはひどい。インチキだ。
この言葉は歴史の区分として、よく使われますが、考えてみると一時的な言葉ですよね。現代は「同時代」のことだし「近代」はそのちょっと前。

時間が経つにつれて「現代」は先に行くし、「現代」の古い方は「近代」に移行します。そして「近代」も100年単位の時間の中で、徐々に歴史時代に変わってゆくのです。

僕の感覚では、戦前はすでに現代ではなく、近代のようにも思えます。

古代人も中世人も、自分たちが現代に生きていると思っていたはずです。当たり前のことをなに言ってんだ、と言われそうな記事ですが。
1)
再発見は、残念ながら再発見でしかなく、誰それのなんとかだよと指摘されるだけかもしれません。

だからといって、その思考が無意味ではない、と考えます。

月の運行を観測して、満ち欠けや月食の法則を再発見したら、それは素晴らしいことでしょう。独自に火星を観測して、ケプラーの法則を再発見する人は、超一級の知性を持っていると思うのです。

これは自然科学に限らず哲学や数学にも当てはまると思います。

2)
僕がこのブログに書いている素人の妄想にも、過去に解決済みのものがあると思います。ただ僕にはその正式名称が分からないので調べようがありません。また、疑問は出るけど解決が出ないので、だめなのです。

自己弁護ふうの記事。
今年に入り、<ハイペリオン>と<ファウンデーション>を立て続けに読んだわけです。両者ともに宇宙が舞台のSFなので、異星や、異都市がたくさん出てきます。

<ハイペリオン>

ルーサス
ルネッサンス・ベクトル
フジ
マーレ・インフィニトゥス
ハイペリオン
パケム
ニューエルサレム
ほか


<ファウンデーション>

オーロラ
ソラリア
ターミナス
トランター
メルポニア
コンポレロン
ほか


どうでしょう、言語感覚が違いますよね。アシモフは、いかにも人工的に作った単語、という趣があります。対するシモンズは、さすが現代の作家、バラエティに富んでいます。

アシモフの端正なネーミングも、いかにも古典らしくていいんですがね。
その1ですが、続くかどうかは分かりません。

例文

1)
昨日偶々会った

2)
今突然思い出した

3)
今日昼間時計屋さんに行った

上のふたつの文は[時制+副詞+□]となっています。(3)も、時制がまざる文章です。時制が含まれる場合には、漢字が並びやすいのかもしれません。
妻のことなんですが。
カノジョは、鍋に入れる具材の分量を、適切に判断できません。分かりやすく言うと、いつも具を多めに用意しすぎて、鍋に入りきらないのです。

また、パソコンデスクやキッチンの作業スペースがモノでいっぱいでも、あまり気にしないで作業をしています。片付けて広々としたスペースを用意する、と考えずに、空いている場所でちぢこまって仕事をするのですね。

これは、なにか空間認識能力に問題があるのではないか? もちろん日常生活には支障はないので軽微なものでしょうが。

といったことを、よく妻とは話します。
微減。朝の測定だったので表には載せていませんが、4/30には47.7キロまで下がっていました。夕食前より、朝のほうが少ないのかもしれません。

d0164691_7225947.jpg

僕はうっかりなので、各辺の長さが同一なら、円と球の半径も同一だと思ったですよ。

でもそうじゃなかった。下のCGをみてください。正三角形の内接円と同じ半径で球を作ると、正四面体からはみ出しちゃうのです。

左が正四面体、右が正三角形。それぞれの底面を揃えた状態。球と正四面体の重心を揃えると、下にもはみ出します。

でもこれも、よく考えれば分かりますよね。正四面体の断面積がいちばん大きいのは、各面です。それに対して球の断面積は、中心を通る断面がいちばん大きい。

d0164691_8183045.jpg

最近になって知ったのですが、バイオリンの松ヤニにアレルギー反応がでる方がいるのですね。もちろん奏者でなければ関係はないし、気がつかないでしょう。

アレルギー対応の、合成樹脂で作られた松ヤニもあったのです。知らなかった。

松やには弓毛にデコボコをつけて、弦をがりがり引っかくものですから、必ずしも天然である必要はありません。バイオリンは顔の近くで鳴らすから、アレルギーの方の苦労は大きかったと思います。
数学の勉強で、幾何学に製図が必要になったので、コンパスを買いました。

やはり製図用具ですからステッドラーを買いました。800円のわりあい安いやつです。安くても脚はダイキャストで、紺色のステッドカラーで、なかなかカッコいいです。

脚にギアが付いているのは高くて買えなかったちゃん・・

d0164691_65957100.gif