カテゴリ:書物について( 360 )

最近は朝食の時くらいしかフィクションを読みません。あたらしい作品を読むのも面倒でつい見慣れた本ばかり読み返します。

表題の「総門谷」や「竜の棺」はたまに読みます。それ以外の高橋克彦作品は読まないんですがね。両作ともに、昭和末期から平成初期のムードを感じます。特に「総門谷」はバブルみたいです(僕はリアルなバブル世代でないので想像ですが)。

村上春樹の「ダンスダンスダンス」にもバブルを感じます。たまには読んでみようかな。
[PR]
藤田博司
技術評論社

フーリエ級数から始まって、リーマンの積分論やカントルの集合論の歴史をたどって行くのでが、どこに連れて行かれるのかさっぱりわからないスリリングな本です。

クライマックスは第5章の「やっぱり平面と直線は違う」でしょう。ここのためのプロローグとして、僕は4章までを読み進めました。

細かい式変形は自分でやらないといけないんですが、けっこう親切な本だと思います。
[PR]
神林長平
早川文庫

芥川龍之介「藪の中」と安部公房「人間そっくり」を合わせたような読後感でした。

解説で東浩記氏がストーリィを要約していますが僕にはどうも納得できません。この小説中で起こったことを矛盾なく記述するのは困難だと思う。

[PR]
夢枕獏
ソノラマノベルズ

前作の「曼荼羅変」がサイドストーリィの一冊であったのと対照的に、大急ぎで伏線を回収して完結に向かわせるような一冊です。

あらすじだけを垂れ流している部分も多いです。本気で完結させるつもりなんでしょうね。こうやってかけ足で進めれば、次回で完結するのも可能かもしれません。

それもせからしいから引き延ばすかな。

[PR]
今年に入ってから眉村卓さんのシリーズを再読しています。

「全短編」「消滅の光輪」と進んで今は「引き潮のとき」を読んでいます。2巻までしか持っていないので途中で終わるんですが、まあいいです。

読んでいて面白いのは「消滅の光輪」です。短編群は「文化人類学SF」とも言われているんですが、未開への蔑視が読み取れてしまうのです。発表された時代が古いので仕方ないんですが。

谷甲州さんや神林長平さんに、「司政官」を書いてほしいです。「終わりなき索敵」の汎銀河世界のパートや「雪風」シリーズは「司政官」を彷彿とさせます。
[PR]
2017年の6/20から2018年2月4日まで、ほぼ半年かけて読了しました。

分厚い本なので、ぼく程度の無免許数学徒がきちんと読めば、それくらいの日数はかかります。

昨年から、ガロア理論の本を数冊読んだのですが、やはりこの本も、目がさめる理解には至らせてくれませんでした。丁寧にかかれている良い本なので、原因は僕にあります。

しばらくガロア理論から離れて、幾何学か論理をやります。
[PR]
読み

7/26
「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」
結城浩

7/27
「アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風」
神林長平

8/1
「言壺」
神林長平

なんだこれ、投稿を忘れてひと月近く経ってしまった。最近は本も買わなくなったしこのシリーズやめようかな。
[PR]
昭文社

いままで紙の地図は持っていなかったんですが、気まぐれに買ってしまいました。この地図帳では本州の新潟、福島から静岡、長野まで掲載されているので、ぼくの行動範囲は十分に収まっています。(僕がバイクで出かけるのは神奈川、静岡、山梨、長野がせいぜい)

重いな。

https://www.amazon.co.jp/dp/4398656359
d0164691_18433281.jpg

[PR]
ずいぶん久しぶりに、つまみ食いですが何冊か読みました。発表された時代なのか、ご本人の資質なのかわかりませんが、ジョークが時代がかっていると感じました。

短編の名手ですね。とてつもない変貌を遂げた未来世界を、さらりと描写しています。僕は「「物語のために世界を消費する」物語」が大好きなんです。

「ラッキー・カード」「予約制」なんか、大好きです。
[PR]
読み
6/28
「働きたくないイタチと言葉がわかるロボット」
川添愛

7/3
「グッドラック 戦闘妖精・雪風」
神林長平

買い
7/1
「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」
結城浩
[PR]