人気ブログランキング |

「惑星CB-8越冬隊」

谷甲州

ハヤカワ文庫


はるか昔に読んだきりなのですが、とても久しぶりに読み返しました。


氷の崖を猛スピードで滑走する場面しか覚えていなかったω


僕は「航空宇宙軍史」では幻想的な「星空のフロンティア」「終わりなき索敵」が好きなのですが、そこにつながる伏線、というか萌芽が見えて好感を持ちました。




by tomoarrow | 2019-06-09 07:00 | 書物について | Comments(2)
Commented by デムパ at 2019-06-09 20:50 x
どれも谷甲州らしい、いい作品ですよね。
Commented by tomoarrow at 2019-06-09 21:43
いいですいいです。

そのあとで短編「ガネッシュとバイラブ」も読み返しました。「ガネッシュとバイラブ」のテーマはそのまま「星の墓標」につながるし、その他にも似た作品があるはずです。