人気ブログランキング |

「スマリヤンの無限の論理パズル」第11章の問題13 について

当ブログ独自の記法として、「aはbの名前」を「N(a)=b」と書く。また「cxはyを作る」を「C(cx)=y」と書く。


以下は、教本の回答に対する別解である。


問11より、任意の表現a、bに対して、N(x)=ay、N(y)=bxを満たすxyが存在する。a=b=∅とするとN(x)=y、N(y)=xになる。


実際、x=QRQQRQ、y=RQQRQとしてN(x)=RQQRQ、N(y)=QRQQRQとなる。


*下に11章のルールを引用しておきます。


d0164691_21151051.jpg


by tomoarrow | 2019-05-20 07:00 | モチーフについて | Comments(0)