人気ブログランキング |

チューリング式の古典的コンピュータは自分の完全な動作ログを記録できるのか?

コンピュータはステップごとに動くので、初期状態をC(1)として、各ステップにC(n)と名前をつける。ステップごとのメモリの状態は有限の数値で表すことができるので、C(n)は数列あるいは定義域を正の整数とする関数と言える。


問題は「数列の各項(変数をmとする)の中に、コンピュータの過去の状態(l<mとして、C(l))を記述できるのか?」となる。


もういちど言い換えると「数値C(m)のなかに数値P(m)が存在して、P(m)を適切に解析すればC(l)になる、そのような関数P(x)を作れるか?」となる。


背理法で「P(x)」を作ってコンクリフトできないかと考えているのだが・・つまりP(x)が存在しないと予想している。


(未完)


by tomoarrow | 2019-02-04 07:00 | モチーフについて | Comments(0)