「カリスト-開戦前夜-」

<航空中軍史>完全版1
谷甲州

「カリスト」は高校の時に読んでいました。読み返すのはひさしぶりなので、中身はほとんど覚えていません。何人かの登場人物名を懐かしく思うくらい。

先日記事にした「星の墓標」とは、だいぶテイストが異なります。「墓標」と「星空のフロンティア」「終わりなき索敵」は、幻想文学のようですが、「カリスト」には幻想の要素はありません。
[PR]
by tomoarrow | 2017-01-10 07:00 | 書物について | Comments(0)