人気ブログランキング |

ベクトルと関数

「数学ガールの秘密ノート ベクトルの真実」に、n次元座標と、(n-1)次関数が同値である、との単元があった。

つまりだ、3次元座標x,y,zの値をa,b,cとして、その一点に、関数Y=a(x^2)+bx+cを対応させる。

(a,b,c)をベクトルと見なせば、n次関数は、ベクトルと言える。

では「関数はn次空間の任意のベクトルと同値である」と言えるか? じつは言えない。2次元座標つまり平面上の、垂直な直線を考える。x=aというやつだ。

これはyの関数ではない。ゆえに、(0,a)というベクトルは関数ではない。
by tomoarrow | 2016-06-30 07:00 | モチーフについて | Comments(0)