人気ブログランキング |

限定解除の教習の進め方

d0164691_14809.png


これは、ぼくの教習原簿です。「AT車の走行」と、「カーブの体感走行」「危険を予測した運転」が削除されています。

ATは小型ですが、もう免許があるから、免除は理解できます。また、「危険予測」はシュミレータを使った学科や、4輪も使った「ケーススタディ」と合わせて行うものだから、大変なので免除したくなるのも、理解できます(そういう理由なのかは分かりません)。

でも、「カーブの体験走行」はどうなんですかね。なぜ免除なんだろうか? わざわざ独立した項目をたてなくても、さんざんコースでカーブするから、かまわない、という判断なんでしょうか。

まあ、履修項目が少なくなるのは、おおいにけっこうなのですが。

ところで、バイク免許の限定解除を受講する人は少ないのでしょうか。先生方は毎回、教習時間のまえに「キンシャチ君は何をやるんだっけ・・」といいながら、カリキュラムを確認しています。

終わったあとにも「次回はこれだよ」と言ってくれません。分かってないのかもしれません。ということで、先を見越して、コースを覚えています。