人気ブログランキング |

ノイズキャンセルイヤフォンに対する数学的考察 1

昨年末に、ノイズキャンセリングイヤフォンを買いました。位相が逆の音波を出して、環境ノイズを打ち消す仕組みです。

これについて、少し、少しだけですが、しつこく迫ってみます。第1回目の今日は音の仕組みについて。

音は粗密波です。スピーカーコーンを思い浮かべると分かるでしょうが、単位体積あたりの空気密度の連続的な変化が、音の仕組みです。

つまりですね、コーンが出っ張るときに空気を押すから密度の高い空気のかたまりとなり、引っ込むときには密度の低いかたまりになります。その連続的な変化を、x軸に時間、y軸に空気密度として表したものがサインカーブになるのです。

まずこれを、公理、つまり絶対的な前提とします。
by tomoarrow | 2014-02-05 07:00 | モチーフについて | Comments(0)