人気ブログランキング |

2013/05/25-6/24 の本

買い

5/25
SFマガジン2013/07
早川書房

「不思議な数列フィボナッチの秘密」
日経BP社

5/28
「黒体と量子猫 1」
「黒体と量子猫 2」  
「物理学者はマルがお好き 牛を球とみなして始める、物理学的発想法」
「E=mc2 世界一有名な方程式の「伝記」」
「物理と数学の不思議な関係 遠くて近い二つの「科学」」
以上、ハヤカワ文庫

読み
5/25
「πとeの話」
YEO・エイドリアン
青土社

6/1
「黒体と量子猫 1」

6/4
「はじめての整数論」
村上雅人
海鳴社
最後の2章は斜め読み。なんか嫌になった。

6/8
「物理学者はマルがお好き 牛を球とみなして始める、物理学的発想法」

6/15
「黒体と量子猫 2」
by tomoarrow | 2013-06-29 07:00 | 書物について | Comments(2)
Commented by 御光堂 at 2013-06-29 09:23 x
最近の数学関連本では川添愛『白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険』がおすすめです。
純粋数学というより計算機理論の基礎のような分野ですが、物語仕立てでストーリー自体もなかなか面白いです。
Commented by tomoarrow at 2013-06-29 19:18
また面白そうな本を出してきちゃってまあ。

「至福の超現実数」でこれだけ大変な目にあっているのに、さらに第二弾ですかω 行きつけの書店を探して、なかったらネットで注文します。

ところで、「至福の超現実数」のクヌースさんもコンピュータ科学者だし、コンピュータは現代数学の重要なファクターなのだなあ、と思いました。