人気ブログランキング |

鍵盤の鉛がさびたピアノ

ずいぶん前に、「鉛の危険性(ピアノの場合)」という記事を書きました。ピアノの鍵盤の鉛がさびて、粉をふいたりする危険性についてのレポートを紹介したものです。

先日、この実例を見ました。鍵盤が動かない、と言われて見に行ったら、このとおりに鉛が膨らんでいました。上の鍵盤の、左側の鉛がさびて、下の鍵盤にこすれていたのです。右の鉛がもとの状態です。

怖いですよね。

d0164691_11133277.jpg

by tomoarrow | 2012-10-10 07:00 | オブジェクトについて | Comments(2)
Commented by たんぽぽ at 2012-10-13 11:50 x
ピアノになんで鉛を使っているのかとちょっと思ったです。
毒があるのに。

鉛のやわらかさがちょうどいいのかな?
Commented by tomoarrow at 2012-10-13 12:33
鉛は安いし、重いし、バラストにちょうどいいらしいです。またやらかくて加工が容易というのもあるでしょうね。

一台のグランドピアノには、6キロの鉛が使われているそうです。