人気ブログランキング |

空洞宇宙

うろ覚えなのですが、ルーディ・ラッカーの「空洞地球」には、「地球が空洞だったとして、その内部では無重力になる」(大意)とありました。

足もとの地面からの重力は、全天を囲む大地の重力に相殺されるらしいのですね。

ここで、もう少し妄想を広げてみます。空洞なのは地球ではなく、宇宙だったとしたら?

宇宙空間が無重力なのは、全天を囲む巨大な「宇宙の地殻」の重力に相殺されるからだったんだよ!! また、宇宙が暗いのは、囲まれているからだったのです。
by tomoarrow | 2012-08-11 07:00 | モチーフについて | Comments(6)
Commented by 御光堂 at 2012-08-11 09:18 x
慣性力は全宇宙に存在する質量との相互作用によるものだ、とマッハは考えたといいます。
この説だと、仮に宇宙に物体が一つしかなければ、それを加速させるのに一切力は要らないということになります。
Commented by tomoarrow at 2012-08-11 10:57
慣性は経験則だと聞いた記憶があります。根源的なメカニズムが解明されていない? そうだとすると、まだまだ想像力を働かせる余地がありますね。

ところで、宇宙に物体が一つしかないと、反作用を働かせる相手がいないから、加速はできないんじゃないでしょうか。
Commented by 御光堂 at 2012-08-11 11:32 x
>宇宙に物体が一つしかないと、
>反作用を働かせる相手がいないから、
>加速はできないんじゃないでしょうか。

そういえばそうですね。
ちょっと検索したら遠心力の例で説明されていました。
宇宙に一つだけ回転遊具とそれに乗っている人がいたとして、その場合遊具がどんなに早く回転しても乗っている人は遠心力を感じることはない、というようなイメージですね。
Commented by tomoarrow at 2012-08-11 11:46
>宇宙に一つだけ回転遊具とそれに乗っている人がいたとして、その場合遊具がどんなに早く回転しても乗っている人は遠心力を感じることはない

ははあ、奇妙な感覚ですね。遠心力じたいが仮想的な力で、それが働かないといわれても、いまひとつぴんとこない・・

すこし話は変わるかもしれませんが、こういう思考実験を思い出しました。

バケツに水を入れて、取っ手から木の枝に吊るします。ひもをねじってバケツを回転させると、水面は遠心力でへりが盛り上がります。

バケツをどんどん厚くしてゆくと、へりの盛り上がりはどうなるでしょうか? それこそ、厚みが一光年もあるようなバケツを回転させたら。

じつは、この結論を覚えていないのですが・・
Commented by 御光堂 at 2012-08-11 12:07 x
遠心力は、回転体の上に一緒に回転するものとして設定した座標系で(つまりその座標系においては回転していない)現れてくる見かけの力(コリオリの力などもそれ)ですから、宇宙に他に物体がないとしたら、何に対して回転しているのかということになり、回転しているという意味を失うことになって、そうした見かけの力を働かせる必要がない、というのがマッハの考えであるらしいです。
Commented by tomoarrow at 2012-08-11 12:25
なるほど、絶対座標でも相対でも、何かに対しての運動、加速、静止ですからねえ。

そして、「回転する意味を失う」ならば、加速も静止も意味がなく、場所や時間の概念も、不要になるのでしょうか。面白い。

そうなってくると、物体が存在するとか存在しないとかの区別も無意味になり、宇宙そのものの存在すら、怪しくなってくる・・