人気ブログランキング |

「あるピアノの伝記 スタインウェイができるまで」

ジェイムズ・バロン
青土社

名器誕生のドキュメント
「神々の楽器」はこうつくる


ニューヨークスタインウェイ社で、一台のフルコンサートグランド(K0862)が出来るまでを取材した本。ガワの整形から始まり響板などの部材の選定にも付き合い、かなり徹底的に追いかけています。

簡単に、この本にそってピアノ制作の行程を書いてみます。

1.薄い板をピアノの型にそって巻き付け、接着し、ケース(ガワ)を作る。

2.ケースに支柱を取り付ける。

3.響板を制作して取り付ける。

4.鉄骨を取り付け弦を張る。

5.アクション、鍵盤を取り付ける。

6.調律、調整。

書き出すと、こんなものか、という印象ですね。でも、この行程全てが完了するまでには、11ヶ月かかるのです。
by tomoarrow | 2012-07-21 07:00 | 書物について | Comments(0)