人気ブログランキング |

セント? なにそれ?

音楽用語なのかな、それとも音響学用語なのかな? 半音を100セントとする概念です。

たとえば、AからA#までの1セントを求めてみましょう。Aを440Hzとします。1オクターブ上がると周波数は2倍になります。1オクターブは12半音あるので、半音間の周波数比は2の12乗根、つまり1.059・・約1.06としましょうか。

A#は、440*1.06=466.4Hz です。つまり、A-A#は、26.4Hz差になります。これを100で割りますから、1セントは0.264Hzとなるわけです。

でもこれは、この2音間にしか使えない数値なのです。今度はG#-Aの1セントを求めると、(計算は略しますが)約0.25Hzになります。

低音に行くほど1セントあたりの周波数は少なくなります。計算上、ピアノの最低音は27.5Hz。この半音上は29.15Hz。この2音間の1セントは0.0165Hzです。

これは詳細な数値を使うのではなく、大まかに感覚的に音程を捉えるための概念なんでしょうね、きっと。
by tomoarrow | 2011-02-22 07:41 | モチーフについて | Comments(0)