人気ブログランキング |

汎ジャム論

ジャムとは神林長平の「雪風」シリーズに出て来る異星体である。こいつらは南極の「通路」を通って地球に攻撃を仕掛けてきた。

でもシリーズを読み進めると、実はそれより以前から地球に侵入していたのでは、という気にもなる。2001年のモノリスは、ジャムかもしれない。

地球人はジャムによって知性化されたのか? ジャムが機械知性だといのは偽装で、地球はすでにジャムの支配下にあるのではないか? 地球人はコンピュータを作るよう、ジャムに誘導されていたのではないか?

もちろん神林がそう書いているわけではない。

あるいは、ジャムは情報そのものなのかもしれない。あたかもミームのように。ジャムミームに触れた存在は、ジャムに汚染されジャムとして振る舞うようになる。

意見が合わないネットウヨクはジャムなのかもしれない。もしかしたら、議員にもジャムが紛れ込んでいるのかも。

僕は人格を感じない発言者をレプリカントと呼んでいるが、わけの分からない全体思想や人権思想皆無な発言者*はジャムと呼ぶ方が適切かもしれない。

*ただ、ジャムが話の分からない連中には描かれていないのが気になるところである。むしろ一部のネット人の方が、よほど話が通じない気がする(笑い。
by tomoarrow | 2010-12-30 06:34 | 書物について | Comments(0)