人気ブログランキング |

変わったデザインの本

シャープがガラパゴスという端末を出しましたが、ブックデザインは昔からガラパゴス化していたんじゃー。僕はそれほどブックコレクターでもないのですが、いくつか変なデザインの本はあります。

「人間人形時代」稲垣足穂(工作舎)

中央に穴があいています。どういう意図でこの穴が穿たれているのか分かりません。よく見ると穴の中はささくれ立っています。製本してから穴をあけたんだな、と推測できますね。パンチで一生懸命開けたな、とも感じます。普段はあまりやらない作業なんでしょうね。
d0164691_719187.jpg

d0164691_7195053.jpg

「飛ぶ男」安部公房(新潮社)
やけに細長い。
d0164691_7201756.jpg

1997年の、ジャコメッティ展の目録
やけに細長い。チケットもこの通り。いくらジャコメだからって、やり過ぎじゃない?(笑い。
d0164691_7172063.jpg

d0164691_7183198.jpg

ん、こんなものかな。だから僕はブックコレクターじゃないんだって。また何か見つけたら、掲載します。
by tomoarrow | 2010-11-24 07:21 | 書物について | Comments(0)