人気ブログランキング |

幻想のモンゴル帝国

「東方見聞録」を読むとモンゴル帝国の広大さを実感する。なにしろ西ヨーロッパとインド、北方ロシア以外のユーラシアがモンゴル帝国だったのだから。

モンゴル帝国と一言で言っても、いくつかの国に分かれていて、ゆるやかな連合国家だったようだ。一番なじみがあるのはクビライの元であるけれども、イル・カン国はイスラム圏、キプチャク・カン国は東欧、と、本当に広大な版図を誇っていたわけだ。

元は中国中原なので、歴代中華王朝と同列に考えられるけれども、その他の国はどうだったのであろうか? どれも広大な領土を持つ大帝国だったのだ。

興味がわいたので調べたいと思っている。表題の「幻想のモンゴル帝国」は、僕の無知の証である。こんど図書館に行こう。