人気ブログランキング |

「オーデュボンの祈り」

伊坂幸太郎
新潮文庫

秘密ちゃん

この作品は伊坂幸太郎の作品群の中でも、とりわけ幻想性が高いですよね。しゃべるカカシ、嘘しか言わない画家、殺人者の桜、太りすぎて動けなくなったウサギさん、悪意のかたまり城山。登場人物がみなどこかおかしい。

そしてその舞台も、江戸時代からこちら、外界から隔絶されている孤島の萩島です。そのくせ何故か電気が通っている不思議なところです。

この作品は伊坂幸太郎ワールドの出発点です。伊坂ワールドはみなどこかでつながっていてますが、その始まりが幻想の島であったことは特筆するべきかもしれません。

つまり、この作品の主人公、伊藤は萩島に行き、現実世界から離れてパラレルワールドに迷い込んだのです。以下の作品は全て、パラレルワールドが舞台となったわけですね。

始まりが幻想世界ですから以下の作品もその幻想の影響を受けます。神様のレシピにほんの少しの変更がなされ、その結果、以後の歴史は大きく変容することになったわけです。

by tomoarrow | 2010-08-01 06:25 | 書物について | Comments(0)