読み
6/1
「数学ガール ガロア理論」
6/13
「滅びの風」
栗本薫
6/20
「戦闘妖精・雪風」
神林長平

買い
6/14
「現代思想 ゲーデル」

6/19
「働きたくないイタチと言葉がわかるロボット」
川添愛
朝日出版社
[PR]
栗本薫
早川文庫

現代の目線で読むと、イライラします。おそらく栗本さんは、パッと滅びる、一種のデウス・エクス・マキーナを想定しています。

でも、1999年に滅びなかった世界と、2001年のテロと、2011年の地震を知った僕は、デウス・エクス・マキーナがないであろうことに、賭けます。

こういうと冷たいかもしれないけれど、80年代に幸せな暮らしをして、そこで娯楽としての「メメント・モリ」を書いた、ような気がします。

もちろんご本人はそんな意識はないでしょうが、僕にはそう読める。
[PR]
栗本薫

冒頭を読んだだけですが、まず一度、記事にしておきます。

静謐な、「違和感としての滅び」が描かれています。そしてそこには、(僕には)リアリティがありません。「幻想絵画のような、静かな滅び」美しいですね。

でもそれは造形美術のひとつの様式でしかないのですよ。

読み終わったら、また記事にします。
[PR]
買い
5/5
SFマガジン2017/06

読み
5/14
「航空宇宙軍史完全版 終わりなき索敵」
5/18
「数学ガール ガロア理論」
結城浩
[PR]
最近、当ブログで何度か記事にしたシリーズです。とある事情で入手したので記憶を書いてみました。

それにしても、タイトルだけでも、SFのさまざまなジャンルが網羅されていますね。ぜんぜん記憶にない作品もあります。

d0164691_21505290.jpg

[PR]
SFこども図書館

「火星の王女」はバロウズの火星シリーズでしょう。こども図書館版も、大人版も読んだことはありません。

「時間けいさつ官」は何度か読みました。時間を飛ぶ「時間ロケット」と、悪役が乗る「時間塔」が出てくることを覚えています。

d0164691_21515842.jpg

[PR]
SFこども図書館

「ついらくした月」は大好きで、何度も読み返しました。何が気に入ったのかな。

「キャプテン・フューチャー」は記憶によれば「時のロスト・ワールド」の翻案でした。これは「時のロスト・ワールド」のあらすじを見て気がついたことなんですが。

d0164691_2041499.jpg

[PR]
SFこども図書館

「海底パトロール」はクラークの「海底牧場」の翻案です。けっこうシビアなストーリィだと覚えています。

「海底牧場」も読んだつもりでいるのですが、書棚にありません。記憶違いかな?

「27世紀の発明王」は、イラストが真鍋博さんです。それもあるんですが、まるで星新一さんの作品のような印象があります。

d0164691_20361577.jpg

[PR]
「SFこども図書館」

「合成怪物」は読んだ記憶がありませんが、「バーナード嬢いわく」で言及されていました。

「超能力部隊」は読みました。元のハインライン作品はなんだったかな。読んだ気もするけど、記憶があやふやです。

d0164691_227177.jpg

[PR]
「SFこども図書館」シリーズ

小学生の時によく読みましたよ。とくに「逃げたロボット」は何度も借りた。「くるったロボット」はアシモフの「われはロボット」の抜粋です。訳しているのが小尾さんで、「われはロボット」も訳しています。

d0164691_2261049.jpg

[PR]