いつも調律に行っているところから、グランドピアノの大きい屋根の付け根が破損したと言われて、見に行ったら大変な事態でした。

側板がガタガタになって、もうネジは効きません。なので、あて木で側板を両側からサンドイッチして、補強することにしました。

何年かに一度くらいは、こういう修理もあります。
d0164691_22121825.jpg

d0164691_22114941.jpg

[PR]
VICTRORINOXのナイフに、モンベルのロゴが入ったものです。色合いが気に入り、衝動買いしました。

あると便利ですが、じつはすでに、ほとんど同じものを持っているのです。今までのも、退役させるほど痛んではいないので、バイクにでも積んでおくことにしようかな。

d0164691_22122565.png

[PR]
前に買った、ゴアテックス補修シートを内側に入れて、アイロンで止めてみました。
d0164691_823263.jpg

そうしたら見事に失敗しました。もう面倒くさいので、医療用のメンディングテープで止めました。じつは、バイクジャケットのインナーに着ているユニクロのダウンのかぎ裂きも、メンディングテープで止めてあります。けっこう年月が経ちますが、はがれません。

見栄えは悪いんですがね。

d0164691_825216.jpg

[PR]
特に意味も用途もないのですが、手元にあった切れ端を塗ってみました。まず水性の着色塗料で何度かディッピングして、そのあとでクリアな水性ウレタンを塗ったのです。

作ったはいいけど、本当につかいみちはないのです。どうしよう。

d0164691_21333385.jpg

[PR]
ヤビツ峠で開けてしまった穴を、モンベルで買ったゴアテックス補修シートで直しました。
d0164691_226968.jpg

穴を縫います。
d0164691_2264021.jpg

そこに、補修シートをあわせ、160度のアイロンを20秒あてると、ノリが融けてくっつくわけです。裁縫箱の縫い針に、以前の使い差しの黄色い糸が通っていたので、そのまま使いました。僕は針に糸を通すのが嫌いなのです。
d0164691_2265569.jpg

[PR]
勤務先の超零細企業の仕組みが変わりまして、僕のデスクワークが増えました。ろくなワークスペースがなく、はじめは 接客用のコーヒーテーブルを使いましたが、低くて全然ダメ。

次に、そのテーブルの足をのばしましたが、結局すわりっぱなしなので、嫌になりました。

僕は立っていた方が良いので、こういう机を作りました。脚の長さは1メートル。自宅の立ち机と同じ高さです。天板はラバーウッド。脚はリーズナブルなSPF材です。もちろん、クランプは外しますよ。

かかった費用は5000円くらい。作業時間は半日です。

d0164691_21482581.jpg

[PR]
昨年切った般若サボテンの、その後です。頭頂部は復活しました。下部はダメです。

d0164691_23483687.png


d0164691_2349952.png

[PR]
接着剤を塗るへらとして、ウッドマドラーを買いました。長さが14センチで、細身のものです。

ただ、パッケージが大量で、200本も入ってきます。へらは、そんなにいつも使うものではないので、普段からマドラーにも使うようにしました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00A7KUTFO/ref=oh_details_o00_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

d0164691_19321973.jpg

[PR]
僕は木工接着剤を気にしていまして、今までにフラクリンのタイトボンドを何種類か買って、試しました。

今回、出先のDIYストアで表題の接着材を見つけたので、買いました。

白く固く固まります。また、あまりたれません。まだきちんと試していないけど、けっこう理想のボンドではないか?

http://www.henkel-ac.jp/products/dms-250.html#.VC1P3r4SrIQ

d0164691_10521127.jpg



[PR]
古い株であまり元気がないので、いっそ切ることにしました。

切り口をひと月くらい乾燥させて、さし木します。
d0164691_10584013.jpg

下部の様子。これも、うまくいけば子株が出てくるので、群頭になるかも。
d0164691_110575.jpg

[PR]