タグ:幻想文学 ( 303 ) タグの人気記事

グレッグ・ベア
早川書房

時系列で言えば「フンデーション」第1部「心理歴史学者」のリライトですが、アシモフのすっきりした原作を、陰謀うずまく大長編にしてしまったベアには感心します。

<新・銀河帝国興亡史>3部作は、どれも特徴があるのですが、読み返したくなるのは今作が一番ですね。
[PR]
読み

3/11
「幻魔大戦 20冊合本」
(読み飛ばしつつ、だいたい最後まで行った。こんなの時間の無駄)

3/12
「ビブリア古書堂の事件手帖 7」
三上延
メディアワークス文庫

3/21
「ファウンデーションと混沌」
グレッグ・ベア

買い
3/12
「ビブリア古書堂の事件手帖 7」
三上延
メディアワークス文庫

3/17
SFマガジン2017/02
早川書房
[PR]
久しぶりに映画版を観ました。10年ぶりかな。エクステンデッド・エディションなので、見たことのないシーンも多かったです。意外と面白かった。

ユーモアに欠ける「MMR」みたいなものです。
[PR]
ずいぶん前にkindleで全20冊の合本を買い、読まずにいたのですが、最近読み始め、5巻まで来ました。

気持ち悪い。サイキックウオーズは最初だけで、あとは新興宗教団体運営の内幕話になるとネットで知り、その気持ち悪さを、下世話な関心で読みたかったのですが、想像以上に気持ち悪いのです。
[PR]
読み
12/28
「精霊の箱(上)」
川添愛
東京大学出版会

12/30
「航空宇宙軍史・完全版3」
谷甲州
ハヤカワ文庫

1/5
「精霊の箱(下)」
川添愛
東京大学出版会

1/9
「航空宇宙軍史・完全版1」
谷甲州
ハヤカワ文庫

1/12
「キマイラ曼荼羅変」
夢枕獏

1/14
「白と黒の扉」
川添愛
東京大学出版会

買い
1/1
「13歳の娘に語るアルキメデスの無限小」
金重明
岩波書店

「ロジカルな思考を育てる数学問題集(下)」
セルゲイ・ドリチェンコ
岩波書店

1/10
「キマイラ曼荼羅変」
夢枕獏
[PR]
ソノラマノベルズ
夢枕獏

「キマイラ」シリーズの最新刊です。

また過去編です。今回は久鬼と九十九と阿久津が1年の時の話です。けっこう面白い。作者も楽しいだろうな。

本編がまったく進みません。現在に戻るのは次の「堕天使変」だそうだけど、このまま何巻も戻らないかもしれないですね。

別にいいんですが。

[PR]
「航空宇宙軍史・完全版3」
谷甲州
ハヤカワ文庫

この作品は初めて読みます。シリーズ中では比較的ユーモラスで親しみのわく、ダンテ隊長も出てきます。

各章ごとに視点が変わるんですが、トリッキーでもなく、読みやすかった。また、全般に、幻想的な印象の作品です。
[PR]
夢枕獏さんの「幻獣少年キマイラ」の冒頭にある文章なのですが、なぜか僕は大好きなのです。ちなみに、リアルの小田原高校か相洋高校をモデルにした、作中のメイン舞台となる高校がある、小田原の城山の描写です。

ちなみに、ちょうど今月の神奈川県「県のたより」に、県西の航空CGが載っていまして、城山が「箱根外輪山の巨大な山襞のスロープが終わるあたり」であることが見てとれます。

http://www.pref.kanagawa.jp/tayori/tayori/page8-01.html

d0164691_2114718.png

[PR]

いいタイトルですよね。僕も読みたいけど、めんどくさい気もします。


だれか「「読んでいない本について堂々と語る方法」を読まずに、読んでいない本について堂々と語る方法」を簡潔に教えてください。





(もちろん、この本は読んでいませんよ)




[PR]
公開されたときに、けっこう気になっていた映画です。10年経ってようやく観ました。

ホラーとサスペンスとアクションが混じった、良作品です。それにしても、このお母さんはタフで諦めなくて、自分をしっかりと信じていて、えらい。

ところで僕はこの作品を、GooglePlayでレンタルしたんですが、吹き替えだったのです。吹き替えで映画を見るのは久しぶりです。

小さいころに、週末のテレビ映画を見ているみたいで、懐かしかった。僕は吹き替えも好きです。

d0164691_22581792.png

[PR]