新井素子の「・・絶句」は何度読んだだろう。今度は「今日の早川さん」の著者である coco_n さんが表紙イラストを描いた新装版が出たので、また買ってきた。

新装版ではあとがきが整理され、新しく書かれたものだけになっている。今までのあとがきを全て収録して、短編小説並みのボリュームにしても面白いと思うのだが(笑い。そのかわり、書き下ろしの番外短編が二つ収録されている。

整理すると、
旧版
(吾妻ひでおのカバー、口絵、挿絵)
あとがき(ソフトカバー版のもの)*2(上下)
文庫版あとがき*2(上下)

新装版
(coco_nさんのカバー)
番外短編(「秋野信拓の屈託」「すみっこのひとりごと」)
新装版のあとがき*2(上下)

とこうなるわけだ。僕としてはぜひ、早川さんと素ちゃんの共演を読んでみたい。横山えいじが梶尾真治の「ヤミナベ・ポリスのミイラ男」に挿絵とマンガを描いた例もあるし、coco_nさん、いかがですか?!

ちょこっとだけ、ものすごいねたばれ。

これも広い意味でのポスト・アポカプリスもの。地球人は太古に宇宙を支配していた先人の末裔だという。今宇宙を支配しているタイレニイ族も先人から分かれた種で、地球人とは遠い親戚にあたるのだ。先人はコンプレックスにより滅亡し、わずかな子孫が地球ほかの惑星で生きているのだった。

これらは後半に明かされてゆくのだけど、その過程がぞくぞくするほど面白い。つくづく、SFってこれだよなあと思うのだった。


[PR]
特に深い根拠もないのですが、キリスト一味は奇跡を売り物にする旅芸人一座だったと思っています。各地で芸を披露して、小金を稼いでいたのですね。

キリストの磔刑は一世一代の大仕事だったのです。人々の目の前で華々しく死んだ人間が後に生き返れば、これ以上ない大宣伝になります。

某歴史ミステリで書かれているように、身代わりが殺されキリスト自身はへっちゃらで生きていたのかもしれないし、他のトリックが使われたのかもしれません。

この作戦は見事に功を奏し、いまだにキリスト教は世界の大勢力です。田舎の香具師さんが大教祖さまになってしまった、そう思うと愉快ではないですか。

繰り返しますが、これは僕の思い込み、想像ですから。
[PR]
昔からよく言われることですね。「火星年代記」や「都市」はその傑作でしょう。前に紹介した「アイヴィリー」だって、一種の年代記です。レズニックには他にも、「キリンヤガ」とか「パラダイス」といった年代記の傑作があります。

「われはロボット」とか、「火星夜想曲」も年代記です。

ハインラインに限らず、未来史を設定する作家はたくさんいます。人類補完機構だって、年表があります。日本には「航空宇宙軍史」があります。おなじ世界背景を使い回せるので便利だし、作品に深みも出るのでしょう。

僕は上に挙げた中で、ハインラインとスミスはほとんど読んでいませんが、他の作品はみな大好きです。

ところで、カーテンコールのように他の作品のキャラクタがふと出てくるとつい、にやっとしてしまうのは何故でしょうか? 伊坂幸太郎作品にはこれが多いですよね。
[PR]
この人の手を離さない。
僕の魂ごと離してしまう気がするから。


ソニー・コンピュータエンタティメント
PS2用ゲーム

タイトルは主人公の名前です。もし彼が佐々木権三郎の助だったらこのゲームは「佐々木権三郎の助」の題で売られていたでしょう。ただでさえニッチなゲームなのに、もっと妙な趣味を持った方々しか買ってくれなくなる(笑い。

主人公イコ君は角が生えたため、古城のいけにえとして連れてこられ、鉄の処女のようなカプセルに閉じ込められます。イコ君を操作して古城から脱出するのがこのゲームの目的です。

反転

イコ君には道連れがいます。やはり檻につながれていた少女です。彼女の手を引いてお城の中を走り回るのですが、その姿がかわいい。

超古代文明が滅びて100年後、と云った感じで、古城には稼働するメカ機構がたくさんあります。それを操作して、道を切り開いてゆくのですが、なぜか高いところにぶら下がることが多く、ハラハラします。まるでラピュタのパズーみたい。

途中何度も影に襲われます。その時にはBGMがかかりますが、それ以外は音楽はありません。風や水の音、機械の稼働音、自分たちの足音だけが聞こえます。「ワンダと巨像」もフィールドをさまよっているときにはそうでした。

特に盛り上がるストーリー展開はありません。ひたすらアスレチックのような古城の仕掛けを見破り、部屋を突破してゆくだけです。ただ、最後には女王プロメシウムみたいなのと対決しますが、これもそんなに大変ではありません。

こう書くと、単にだらけたゲームみたいですが、そうでもありません。二人で協力して城の仕掛けを突破してゆくのは本当に楽しい。

「ワンダと巨像」と同じチームの作品だそうですが、たしかによく似た雰囲気を持っていますね。次作を開発中だとの噂も聞きました。いつになるのかは分かりませんが、期待しています。PS3だったらハードも買わないと遊べないけど・・。

[PR]
昨夜の夕食です。
作り方はここを参照しました。
http://allabout.co.jp/gm/gc/60211/


買ってきたカニには甲羅もカニ味噌も付いていなくて足だけでしたが、けっこう美味しかった。カニ味噌が入っていればもっとカニ風味があってよかったのですが、それは次回。

しっかりとした味の赤ワインが合いそうに感じましたが、僕は相変わらずビール(笑い。今度はワインも用意しておこう。

簡単に作れてごちそうにもなるのでお勧めです。パスタの茹で湯が勿体ないので、トリのもも肉で自家製ハムを作りました。これは今夜に食べてみます。

唐辛子を入れて辛めに作ると美味しい、と言う人もいるのですが、僕は辛すぎない方が良いかな。
http://www.love-italy.net/topics/buonobuono/vol_04.html
[PR]