免許を取ったときに買った膝プロテクターの、ゴム製の止めバンドがへたってきたので、補修しました。

ダイソーにあった粘着式の反射テープを貼り付け、要所要所をホチキスと接着剤で補強しました。

縫えばさらにいいんですが、ミシンの調子が悪く、また粘着テープのノリがミシン針についてしまうので、断念しました。

d0164691_7495595.jpg

[PR]
笛吹-精進湖ラインから河口湖に抜ける県道にあるトンネルです。

トンネル自体はただのトンネルなんですが、笛吹側の県道が、気持ちの良いワインディングロードでした。

甲府や笛吹から河口湖に抜けたいときに、今までは精進湖を経由していたのですが、今後は若彦トンネルを通る選択肢もできました。いい道を知った。

途中に「笛吹市営やすらぎの里」という格安の宿泊がありました。

http://www.norabito.org/pages/yasuraginosato.html
d0164691_19514347.jpg

[PR]
以下、原点を通る傾きa/bの直線と、傾きb/aの直線を同値として扱います。x軸とy軸を入れ替えれば同じものと見なせることが、その理由です。
d0164691_5532470.png

さて、舞台となるトーラス平面の大きさ表記を定義しておきましょう。原点から、x座標とy座標がそれぞれa-1まで存在する平面を_a_と書きましょう。

つまり、原点を含めた格子点の個数がa*aである平面です。
d0164691_5534266.png

まず今日は_6_平面上で考えます。傾きが3/2である直線を引くと、
(0,0)(2,3)(4,0)(0,3)(2,0)(4,3)(0,0)
という順番で格子点を動き原点に戻ります。図にすると、下になります。
d0164691_5535537.png

[PR]
以前に2回記事にしまして、今後も考察してゆく予定なんですが、そもそもの前提である「シンメトリーの地図帳」P302を紹介するのを失念していました。

d0164691_2193231.jpg


「上に行けば下から出てきて、右に行けば左から出てくる」この設定は、ドラクエなどのTVゲームのフィールドと同じです。そしてそれは、トーラスの表面なのです。

d0164691_59507.png

[PR]
小田原はお盆に雨が降りましたが、水源地はどうだったんでしょうか。8/23の宮ヶ瀬湖はすっかり渇水です。
d0164691_20581948.jpg
d0164691_20574949.jpg

[PR]