<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0164691_213255.png

[PR]
d0164691_212279.png

[PR]
H、K、を述語、Xを文字列とする。

証明可能性述語の定義は、
X=T↔︎HX=T↔︎X∈H

反証可能性述語の定義は
X=F↔︎KX=T↔︎X∈K

証明可能性述語を自然言語で言うと「Xの主張のとおりだ」とでも言えるし、反証可能性述語は「Xの主張の逆である」となる。反証可能性述語をすこし詳しく見てゆこう。

X=F↔︎KX=T↔︎X∈K
X=F↔︎K’X=F↔︎X∉K’
X’=T↔︎K’X’=T↔︎X’∈K’

こうしてみると、反証可能性述語は、証明可能性述語の逆と言えそうである。こころみに、X’=Y、K’=Hとして、最後の論理式を書き直すと、

Y=T↔︎HY=T↔︎Y∈H

となり、これはまさに証明可能性述語の定義となる。

#スマリヤンのゲーデル・パズル
[PR]
「新約聖書」中の「ヨハネによる福音書」第13章に、「ユダが金入れを預かっていた」とあります。ユダはイエス一派の会計係だったのです。

ユダヤ人と金融業のつながりを暗示させるきっかけなのか、あるいは実際にユダヤ系の金融業者が多かったからこう書かれたのか、僕には判断できません。ただ、ユダさんはわれわれ経理部の祖先で、インテリゲンチャアでもあったことを、忘れてはならないでしょう。
[PR]
読み
4/12
「竜の柩」
またかよ・・

4/18
「新・竜の柩」

買い
4/21
「数学ガールの秘密ノート 場合の数」
結城浩
SBクリエイティブ
[PR]
いままでのあらすじ

よなよなエールは無事に届きました。ところが、箱が壊れて、テープで補修してあったのです。中の缶も潰れています。

運送中に破損したのか、破損したものを出荷したのか知りませんが、これの事実確認を行っていたのかもしれません。まあ、気にしませんがね。

d0164691_963088.jpg
d0164691_961592.jpg

d0164691_964193.jpg

[PR]
「スマリヤンのゲーデル・パズル」Q118の、僕なりの解答です。教本とはまったく違うんだけど、いいのかしら。

背理法
∃H ∀X X=T↔︎HX=F
↔︎X∉H
↔︎X∈H'

ここで、X=H1X1なので、
H1X1=T↔︎X1∈H1↔︎X∈H'

順序を替えて書くと
X∈H'↔︎H1X1=T
X'=H1'X1=T↔︎X'∈H

自然言語で書くと、
「ある述語Hに対して、すべての文Xが、Hの不動点にならないと仮定すると、文Xの否定X'がHの不動点になる」

この論理は正しいか?
[PR]
よなよなエールが足止め食っています。
「む、これはご禁制のよなよなエールか?」とやられているのでしょうか。

d0164691_7524695.png

[PR]
まだ買えるかなー?
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/10001991/#head

d0164691_19252318.png

d0164691_19254193.png

d0164691_19255534.png

[PR]
さて、岩盤が破断してプレートがずれることで、地震が発生すると仮定しましょう。プレートのずれが大きいほど、大きい地震になります。

プレートのぶつかるところでは常に臨界状態なので、小さい岩が割れただけでも、実は要石で、連鎖的に破断が進むこともありえるでしょう。そうすると、大きい地震になります。そして、岩盤の状態なんか分かりようがありません。みえないし、条件が膨大すぎます。

岩盤が破断してプレートがずれることで、地震が発生すると仮定するなら、地震予知は不可能です。 
[PR]