<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

会社のクロームブック、ショウエイ号にもプリンタが必要だと判断して、買いました。

はじめはブラザーのプリンタを予定していたのですが、家庭用のプリンタではクロームブックのクラウドプリントには対応していないと説明されて、キャノンのを買いました。

セットアップはけっこう簡単でした。プリント速度も、ケーブル接続とたいして変わらず、普通に使えます。

スキャンはまだできていません。というか、試していない。

(それにしても、機種も書いていないし、いいかげんな記事だな。)
[PR]
「スマリヤンのゲーデル・パズル」「ひと桁の数に魅せられて」の翻訳者Haruyuki Kawabeさんから、宿題を出されました。今回はそれに回答します。

背理法といえば、この問題の3次元版、すなわち立方体を異なる大きさの立方体に分割できないことの証明を考えてみてはどうでしょう。
https://twitter.com/p314159265/status/702397441920901121


地面に正方形を描き、大きさの異なる21個の立方体を敷き詰めます。これらの立方体を集合1Sと呼び、各立方体に1s1から1s21まで、ナンバーを振ります。

これらの2層目を21Sと総称し、下のブロックごとに21S1から21S21まで、分類します。
もしかしたら21Si上のブロック21silと、21Sk上のブロック21skmが同じ大きさかもしれませんが、今回の考察ではこれを無視します。

さて、最下層1Sの上側はでこぼこしています。第二層21Sの上側も、でこぼこしています。どんどん上に積み上げても、構成するブロックは小さくなりますが、上側がでこぼこであることには、変わりがありません。

四角い枠に、大きさの異なる立方体を敷き詰めると、上側がでこぼこする。ゆえに、立方体を、大きさの異なる立方体で埋め尽くすことは出来ない。

QED
[PR]
買い
1/26
「キマイラ 鬼骨変」
「キマイラ 明王変」
ソノラマノベルズ
夢枕獏

2/14
「ひとけたの数に魅せられて」
マーク・チャンバーランド
岩波書店

「思考と論理」
大森荘蔵
ちくま学芸文庫

2/17
「箱詰めパズル ポリオミノの宇宙」
ソロモン・ゴレム
日本評論社

読み
2/1
「キマイラ梵天変、縁生変」
kindle版

「不可能、不確定、不完全」
ジェイムズ・スタイン
早川文庫

2/10
「キマイラ群狼変 昇月変」
kindle版

2/16
「キマイラ玄象変」
kindle版

2/10
「キマイラ 鬼骨変」
ソノラマノベルズ
夢枕獏
[PR]
久しぶりに通ったら、こうなっていました。前と見比べるとどないだ?

d0164691_8545485.jpg

[PR]
西伊豆の海岸道路には、スピード抑制のためだと思うんですが、こういうところがたくさんあります。

d0164691_856319.jpg

d0164691_8562396.jpg

[PR]
茅ヶ崎でこういう車を見かけました。アイコニックって、歌手さんがいなかったか?

d0164691_8533426.jpg

[PR]
これです。
なんでも、商品切り替えだそうで、税込み6372円で買えました。

と書いて、モンベルサイトを見たらすでに新商品が掲載されている! 僕が買ったのは、これの旧型です。
d0164691_21312164.jpg

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130449

[PR]
さて、対角ブレンダーが対角ブレンダーを破壊することを

b#b#=t

と書く。対角ブレンダーが対角ブレンダーを壊せないとすると、

b#b#=f↔︎b#’b#=t

「対角ブレンダーを壊せない対角ブレンダー」が、「対角ブレンダーを壊せない対角ブレンダー」を壊せないとすると、

b#’b#’=f
↔︎b#b#’=t (否定の定義による)
↔︎b(b#’b#’)=t (対角ブレンダーの定義による)
↔︎b#’b#’=t (ブレンダーの破壊力に劣るxの定義による)


さて困ったぞ。

b#’b#’=f↔︎b#’b#’=t

となってしまう。チャーン♫


[PR]
xを壊しているブレンダーを、第二のブレンダーが壊すとすると、

b(b(x))

となる。

対角ブレンダーを定義する。ただし、()このカッコは、関数に見せるために書いているので、省略してもかまわないことにする。

b#(x)↔︎b(xx)

つまり、x=bとすると、

b#(b)↔︎b(b(b))

否定を定義しよう。

b'(x)=t↔︎b(x)=f

ブレンダーがxを破壊できるのは、

xの強度<ブレンダーの破壊力

であるからだ。ブレンダーの破壊力より劣るxを、真理値tであらわそう。

b(x)=t↔︎x=t


[PR]
ブレンダーが何かを壊すことを、真理値を返す関数として、
b(x)=t
としてみようか。壊せない場合には、もちろんfを返す。

ブレンダーがiPhoneを壊すことを
b(iPhone)=t

と書く。この記法で、逆にiPhoneがブレンダーを壊せないことも書ける。

iPhone(ブレンダー)=f


[PR]