<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

箱根新道で三島に行き、伊豆縦貫道を経由して、ループ橋を通ってきました。そのあとで西伊豆に抜けてくねくね道を走りたかったのですが、お腹を下したために、道を戻ってふたたび橋を越え、修善寺から伊東に抜けて、熱海を通って帰りました。

200キロほど走った。

結局、日も落ちてしまい、寒い中を走るハメになりました。本当に寒かった。

なぜか、後ろにぴったりとつける車が多く、非常に不愉快なツーリングでした。コースも別に面白くないし、わざわざ行く必要もないかな。

ただ、ループ橋のある国道414号は、下田から上ってくる抜け道にいいらしいので、そういう使い方はするかもしれません。

このツーリングは12/28に行き、記事は当日の夜に書いて、アップしています。15年中に、まだ走れるかしら。
[PR]
いままでこのブログでは、このようなエントリを上げることは、ほとんどありませんでした。でも今年は書きたい。なにしろ激動でした。

僕自身は、バイク免許を取り、バイクを買い、さらに免許を限定解除し、バイクを買い替えました。金額で言うと、100万を越える大出費です。まあたのしく、良いことですね。事故しないように気をつけます。

さて、ここからが本題です。詳しくは書きませんが、夏ごろから身近な人その1の認知症が悪化し、秋には1号さんは大けがまでしてしまい、その介護が大変でした。今はそのピークを過ぎましたが、おたがいに夏前の生活には戻れません。

そして身近な人2号の認知症が発覚して、2号氏の今までの、いいかげんなツケを拭っている真っ最中です。改めて検証してみると認知症だけでもなく、若いころからの放漫な性格も大きな要因であるようです。

正直言って、今の生活、勤務を今後1年も続けることは、不可能です。怒り心頭ですよ。
[PR]
読み

11/25
「世界でもっとも正確な長さと重さの物語」
ロバート・P・クリース
日経BP

12/13
「世界でもっとも美しい10の物理方程式」
ロバート・P・クリース
日経BP

12/17
「数学ガールの秘密ノート ベクトルの真実」
結城浩
SBクリエイティブ

12/19
「スマリヤンのゲーデル・パズル」
スマリヤン
日本評論社
[PR]
「コンピュータは数学者になれるのか?」のP46に、いきなり載っています。今回は独自に、その式を求めましょう。

非常に簡単に言うと、まずy軸上の点のナンバーを求め、そこから右下に順にナンバーを振ってゆくわけです。y軸上の点nから、x軸上の点mまで、45度で下がってくるのですね。そしてn=mです。

d0164691_8402747.png

[PR]
前に書いた事故車ですが、12/23に通ったら、なくなっていました。タイヤの跡は残っていた。


d0164691_192766.jpg

[PR]
こういう、螺旋式の吹き抜け階段は、覗き込むだけで幻想絵画風になりますね。

よくいくところなんですが、いままで気がつきませんでした。これは小ホールのある棟ですが、大ホール前にも、壁の汚れと化した壁画が書いてあります。こんど写真をのせます。

d0164691_714291.jpg

[PR]
ずいぶん使ったからなあ。今後はボディを持って運びます。

考えてみたら、ホームベースもずいぶん前に壊れて、コード直結で充電しているのだった。

まだまだ使うよー。ありがとうルンバ。

d0164691_783975.png

[PR]
レイモンド・スマリヤン
日本評論社

すでに何度か、ブログ記事の題材に取り上げている本です。

記録を見ると2015年の6月22日からはじめて、同年の12月19日に終わりました。ちょうど半年です。

前半の論理パズルは、復習を兼ねて2回やりましたし、単元によっては、なんどかやり直した部分もあります。

面白いのですがむつかしい・・今後の学習は「コンピュータは数学者になれるのか?」(照井一成 著)をすすめ、そのあとで「ゲーデルに挑む」( 田中一之)に行くつもりです。
[PR]
ドライバーや同乗者は無事か??

d0164691_7474731.jpg

d0164691_7481742.jpg
d0164691_748489.jpg

[PR]
西湘バイパス、秦野二宮線、ヤビツ峠、道志みち、国道20号線、国道139号線、富士山一周、朝霧高原、新東名バイパス、御殿場で降りて足柄峠、帰宅。

12/16に、上記のコースで、270キロ走りました。ヤビツ峠と足柄峠は、12/11の嵐だと思うんですが、落ち葉がひどく、こわかった。

MT-25は、高速道路もぜんぜん怖くありません。ダンプを追い越すのも、へっちゃらです。
[PR]