<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Erik Satie

世界一長い曲として一部で有名です。楽譜自体は短くて、同じメロディを840回繰り返すのです。嫌がらせだろ。それなら、同じメロディを1000回繰り返すよう指示すれば、誰でもあっという間にタイトルを取れるω

ヴェクサシオンの楽譜
http://labocho.web.fc2.com/note/vex/vex.pdf

長い曲と言えば、山之口洋さんが、「最後のSETISSION」(SFマガジン2001/12)で、バッハの「六声の謎のカノン」を取り上げていました。これも一枚の楽譜なのですが、480通りの解釈が可能だとか。

検索してみると、この曲の作品番号はBWV1076、肖像画で手に持っている楽譜だと言うのです。
http://glennmie.blog.so-net.ne.jp/2010-06-15

Satieと比べるのも申し訳ないほど、美しい曲です。バッハ好き。
[PR]
先日のエントリを、関数で検証しました。

d0164691_17564730.jpg

[PR]
読み
3/25
「夜明けのロボット」
アイザック・アシモフ
早川書房(kindleで読んだ)

3/28
「ロボットと帝国」
アイザック・アシモフ
早川書房(kindleで読んだ)

3/31
「ファウンデーションへの序曲」
アイザック・アシモフ
早川書房(kindleで読んだ)

4/3
「ファウンデーションの誕生」
アイザック・アシモフ
早川書房(kindleで読んだ)

4/10
「ファウンデーションと地球」
アイザック・アシモフ
早川書房(kindleで読んだ)

4/14
「無限論の教室」
野矢茂樹
講談社現代新書

買い
3/26
SFマガジン2012/05
早川書房

「リヴァイアサン」
スコット・ウエスターフェルド
ハヤカワ新☆SFシリーズ

「いま集合無意識を、」
神林長平
ハヤカワ文庫

3/27
「今この世界を生きているあなたのためのサイエンス1」
リチャード・ムラー
楽工社

「無限論の教室」
野矢茂樹
講談社現代新書

「異端の数ゼロ」
チャールズ・サイフェ
ハヤカワノンフィクション文庫

4/10
「名被害者・一条(仮名)の事件簿」
山本弘
講談社ノベルス

「基礎を固めるトレーニングノートα 数学1」
受験研究社

4/14
「教科書ガイド 新編数学1」
数研図書株式会社
[PR]
前にも書きましたが(書いたかな? ツイートはしているけど)、数学を復習しています。今は三角関数。

高校の数学は好きで、特に微積分が楽しかった。カードゲームも作りました。トランプの数をつかって、微分しきれたら上がり、だと思った。

昔のことなのでルールも忘れちゃいました。当然、微積分も忘れている・・

問題集のヒントや参考書を見ながら、徐々に計算練習を進めています。文章の意味がわからない問題は、ツイッターやmixiで好きな方が教えてくれるω 助かるちゃん。
[PR]
方眼を使って、角を分割してみたんですよ。どうですか見てください見事に角が等分されているみたいに見えるでしょう。

d0164691_2054165.png


ところがこれがダメだったんですね・・円弧なら等分割して中心に伸ばせば、角は等分割されますが、斜辺ではダメなのです。二等辺三角形は辺の等分で角も等分できますが、それ以外の三角形では無理。

というわけで実際に試してみたのがこれ。ひとつ勉強になったちゃん。

d0164691_206135.png

[PR]
ダニールは第零法則を拡大解釈しすぎなのです。

第一条の人間に対する危害の禁止は当然です。暴力を振るう、自立意思のあるロボットなんておっかなくて。

でも、それに優先する第0条で人類に対する危害の禁止、となってしまうのですね。大きく出たな。

限られた存在が人類の歴史を心配するのは、大それたことだと思います。もうすこし範囲を狭めて、殺人犯をやつけないと新たな被害者が出るから、緊急避難をする、くらいが現実的な発想だと思うのです。

でもさすがに妥協を知らないロボットだけあって、いち個人の次にいきなり人類を対象にしてしまう。無茶だよ。

その無茶が作品を面白くしているのですが。
[PR]
また<ファウンデーション>ですよ。

ファウンデーション宇宙では、人類の起源は謎に包まれ、起源がどこにあるのかさっぱり分からなくなっています。大宇宙に進出してから数万年が経過して、銀河の2500万もの惑星に植民している時代なのだから、仕方がないとは言えるのですが。

ここでは人類が単一の種であるかどうかも争点です。さまざまな惑星で独自に進化した生物が、交配可能な生き物になったのか、あるいはたったひとつの惑星で発生した種が銀河を席巻したのか、議論されています。

現代の進化論では、複数の起源を持つ同一種はありえないでしょう。枝は分かれるだけで、くっつくことはないのです。収斂進化が生殖にまで至り、実質的に単一種としても扱えるようになった、とでも言いたいのでしょうか。無理だよ。
[PR]
「あ、大きいお寺がありますよ」
「あれは人理教会の総本部じゃ」
「敷地も広いですね」
「よし、建売住宅を並べてみよう」

ぴ、ぴ、ぴぴぴぴ

「たくさんすぎて数えられません」
「そうじゃの、東京ドームと比べてみるかの」

ぴ、ぴ、ぴ、ぴ

「東京ドーム5つ分じゃ」
「お金かけてますね~」
「ここらへんの地価はxx万円/坪なので、xx億円じゃな」
「それって土地だけですよね」
「もちのロンじゃ」
[PR]
石油というと、太古の生物の死体が由来の化石燃料、との認識が一般的でしょう。僕もそう考えています。

でも、世の中には表題の「石油無機成因説」なるものがあり、石油の原料は古代生物の死骸ではないと主張しています。その理由はたくさんあるそうで、煩瑣になるからいちいち取り上げませんが、検索するとたくさんでてきます。

無機成因説は、ずいぶん前にmixiの日記にも書きました。今度この記事を書くにあたって、再び検索してみたら、陰謀論みたいなページも多くて、正直あきれました。なぜ、エネルギー問題になるとすぐに陰謀論になるのでしょうか?

*もちろん石油無機成因説そのものは、陰謀論ではありません。
[PR]
人の脳は、人の顔に強く反応することが知られています。これを利用して、ホンダではバイクの正面を顔のように作り、認識性を高め、事故防止に役立てようとしました。

モーターサイクルに顔を見いだすのは、誰でも同じだと思います。ヘッドランプは目に見えますよね。車種によって愛嬌があったり、ガラが悪そうだったりします。

僕は公道で、上のリンクにあるようなバイクや車を見た記憶がないのですが、今でも走っているのかな
[PR]