<   2011年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

市内にメガネスーパーが何店舗かあるのですが、そのうちの一店の、この看板がすごいのです。

ムービーを観てもらえば分かるように、これ、けっこう大きいくせに動力がないみたいなのです。風見鶏のように、あっちに回って逆回転して、大丈夫か?

お店の人は知っているでしょうから、特になにも言ってりはしませんが、真下に停まるのは嫌ですねー。


[PR]
唐突ですが、フォントの表示には、関数が使われているらしいのです。簡単に言えば、イラストレーターで描いたデータ。フォントのファイルにはその関数が入っていて、表示するときに計算しているのです。

要はこんな具合。キンシャチの「キ」の字を、ペジェでトレースしてみました。
d0164691_7373254.jpg

ペジェは拡大縮小が簡単だし、エッジがギザギザしないので、文字表示にはうってつけなのでしょう。デザイナーさんが一文字ずつ、丁寧に描いた原稿をスキャンして、トレースさんが丁寧にトレースするらしいです。

読書する時やパソコンを使う時に、気にもしないで見ている文字の裏には、細かい手作業と機械の驚異的な演算があるのですね。
[PR]
・初老のエラそうなおっさん
・若いつるっとしたにいちゃん
・態度の大きいおばさん
・やせぎすのへらへらしたやさ男
・なれなれしいじいさん
・黒ずくめの眼光鋭い人
・にこにこした若い女性
・皮肉っぽく、理屈が多い男
・リクルートスーツで固めたねえちゃん

(ファッション)
・スーツ着用。ネクタイ、革靴。
・作業着、メーカーのジャンバー。
・ゴルフウェアみたいな、チノパンにポロシャツ。
・コンチェルトのソリスト風。
・街を歩いてる兄ちゃん風。
[PR]
(1)
学生時代に、友人と飲んでいて、ひどいいたずらをしたことがあります。

おつまみに、製菓用のアーモンドスライスを出したのです。これ、けっこういけるんですよ。その中にニンニクスライスを2.3枚まぜておきまして。

それを食べた友人の気の毒なこと・・


(2)
妻はイカが好きで、さきイカとかスルメをよく食べています。先日うっかりと、輪ゴムをかじってしまって(いたずらしたわけではない)。姿形が似たものは危険です。

このヒト(妻)は以前、パン屑と間違えてネコのトイレ砂を口にしたことがあります。ドジなやつ。でも、ジョージ・ハリスンの、あやしいカッコでギターを弾く物まねが得意らしいです。僕が見ても分からないんだけど。
[PR]
お米くらいのサイズと形状のショートパスタです。安くなっていたので、買ってきました。

裏面に、エビとサキイカで、リゾット風にして食べる方法が書いてありまして、それが美味しい。今度はパエリアみたいに、辛いソーセージや鶏肉も入れて食べようかと、妻と話しているところです。
[PR]


買い
9/25
SFマガジン2011/11

10/16
「QED 伊勢の曙光」
高田崇史
講談社ノベルズ

「ビブリア古書堂の事件手帳」
三上延
メディアワークス文庫

読み
9/25
「告白」
湊かなえ(双葉文庫)

9/29
「MM9 invvasion」
山本弘
東京創元社

9/30
「まぼろしのルパン帝国」
高橋実
フィルムアート社

10/1
「数学的帰納の殺人」
草上仁
早川書房

10/2
「文章探偵」
草上仁
早川書房

10/4
「エンドレスガーデン ロジカル・ミステリーツアーへ君と」
片理誠
早川書房

10/9
「ゴールデンスランバー」
伊坂幸太郎
新潮社

10/17
「QED 伊勢の曙光」
高田崇史
講談社ノベルズ
[PR]
ロディアに書いた図で説明する第3弾。

グランドピアノの脚は、意外と簡単に壊れます。300キロを、三本の脚で支えているので、横からの力に弱いのですね。

台車に載せて移動中に、絨毯のめくれに引っかかり、脚が折れたケースがあります。台車に乗っていたので、ピアノは転倒せずに、けが人もなく、ピアノにも大きなダメージがなかった、幸運な例です。

ピアノの脚は、通常、下の図のように取り付けられています。すると、当然ですが横の力に弱いのです。

というわけで、ピアノの移動は、軽く持ち上げ気味にして、勢いをつけずに行ってください。床の状態にも気をつけて。一人で、むやみと転がすのは危険です。せめて、少しずつ様子を見ながら行ってください。

d0164691_1916734.jpg

[PR]
学校に調律に行くと、グランドのカバーを外してくれる先生もいるのですが、たいがいくるくる丸めてしまうので、かぶせる時に大変。

カバーをたたむにも方法があるのです。

d0164691_1855554.jpg


このようにたたむと、おしりから広げれば元通りになり、簡単にかぶせることができます。

あれって、一度くちゃくちゃにしちゃうと、どっちが前だか分からなくなって、ぐるぐるとやるようになるのですよ。ということで、これを読んだ人は次からちゃんとたたむように。

以上。
[PR]
キャンバスは高いですよね。木枠も、数千円から、大きいものだと一万円を超えます。キャンバス布の自作もできなくはないのですが、今日は木枠を、安く簡単に作る方法を書きます。

100号キャンバスは1620*1300(単位はmm)です。まず、DIYショップで、幅40、厚さ9のヒノキの棒を買います(ここら辺は、概算で結構です。同等品を求めればよろしい)。

長さを揃えるために、木材カットコーナーで1580と1260に切ってもらいましょう。これをそれぞれ6本ずつ用意します。

あとはこれを、図のように組み立てればOK。念のために、後ろにつっかえ棒を入れるのを忘れないように。これで充分に用が足ります。他に加工は、一切必要ありません。

注意点は、木材の幅に合わせてカット寸法を調整すること。4.5ミリ幅の木材でしたら、1575*1255にすること。

僕は今は油絵をやっていないのですが、以前はこれで実際に使っていました。

d0164691_763134.jpg

[PR]
「キテレツ大百科」に、キテレツ君の発明癖に、みよちゃんがあきれる場面があります。

その時のアイデアが、焦げ付かないフライパン。みよちゃんがホットケーキを焦がして、それを見たキテレツ君が発想するのです。

「焦げるのは、表面に炭素ができるからだ」
「炭素は電流を通すから、電気を使って焦げ防止器が作れないか」
「鍋の材質を絶縁体にして…」


つっこみどころだらけだ! キテレツダメじゃん!

でもまあ、固いこと言わんと。キテレツ好きです。
[PR]