カテゴリ:愛と幻想のフェティシズム( 673 )

中央高速道の釈迦堂SAに併設されている博物館なんですが、看板が強烈です。

じつはここ数ヶ月ほど縄文にはかすかな関心があります。日本のあちこちで、1万年を越える永きにわたって発展した、先史文化なんですが、じつに幻想的です。

SAに立ち寄った日は、バイクでかっ飛ばす日だったので、博物館には寄りませんでした。そのうちよりに行くかも。

d0164691_20315719.jpg
d0164691_20314177.jpg
d0164691_20321594.jpg

[PR]
お盆休みは、カンカン晴れの中を、バイクで走りたいものです。記憶の美化効果かもしれませんが一昨年のお盆には、道志みちにツーリングに行き他の盆休みライダーに混じって楽しく走りました。

今年も晴れた日が続けば、そのうち1日は道志みちに行きたかったのですが、曇りや雨の日ばかりで、叶いませんでした。残念だ。

あげくの果てにはバイクまで故障してしまって、僕はもうどうしたらいいのか・・・・
[PR]
月末まで、バイク屋さんの整備予約がつまっていて、僕のを診るまで時間がかかるらしい。えぐえぐ。

d0164691_1343291.jpg

[PR]
自宅マンションの駐輪場で、エンジンがかからなくなった。やばい。契約している東京海上日動のロードサービスに電話して、レッカーでバイク屋さんまで運んでもらうことにした。

当日は運悪く、バイク屋さんが休日なので、翌日の朝に取りに来てもらうことにした。それはいいんだけど、バイク屋さんがお盆休みの連休だったら、明日もダメかもしれない。

受け入れ可能か、保険屋さんの方であらかじめバイク屋さんに連絡してくれるそうだ。バイク屋さんが休みでも、最大48時間は預かってくれるそうだ。

取り散らかった記事です。

(これを書いたのは16日の夜。バイクは17日つまり本日の10:30に取りに来てもらいます)
[PR]
二日目(昨日)は、東名で長泉沼津まで行き、そこから伊豆縦貫道で西伊豆に行こうと思ったんですが、途中から大渋滞になったので戻りました。

そして富士山麓の、登山道にアクセスする静岡県道180号線を走って帰りました。
[PR]
二輪車限定の「首都圏ツーリングプラン」というのがありまして、これは2500円で決められた区間の高速道路を2日間、乗り放題なんですが、申し込んで利用しました。

西湘バイパス、圏央道、中央道と経由して富士川まで行って、南アルプス公園線を走って、帰りはまた中央道、富士五湖道路を通って箱根を越えて帰宅しました。

走行距離は470キロ、けっこうなもんです。明日も使ええるから、またどこか行くかもしれません。

lockquote>lockquote>lockquote>lockquote>(と
ころでこれは記事とは無関
係のhtmlの実験です)

[PR]
炭酸水が好きで、夕食後には何杯も飲みます。というのも、お酒を飲んだ後には水を飲んだほうがいいからなんですが。ただの水やお茶よりも炭酸が好きなのです。

ところでこの炭酸水の二酸化炭素は、どこから来たんでしょうか。温暖化ガスの二酸化炭素と同じですよね。炭酸水やドライアイスからの排出量は石油燃料の燃焼に比べて、どの程度なんだろうか。

食後にほろ酔いで適当に書き散らしているので、結論なんかありません。
[PR]
TMネットワークの作詞家で、作家をなさっている、というくらいの知識しかありません。(すいません)

先日、古いSF雑誌を出してきましたが、そのときに「ハヤカワHi!}というSFマガジンの増刊号も眺めてみたら、エッセイが載っていて、小室さんはバイクに乗っていたのです。

いきなり親近感が湧きました。

残念ながら、今はバイクに乗っていないらしいのですが。
https://twitter.com/miccorina/status/29062091839

d0164691_2154242.jpg

[PR]
昨日、つまり8/6に走ってきました。

記録を見ると伊豆に行くのは5/27に、半島を丸一周して以来です。西伊豆はいいですね。改めてそう感じました。

それにしても暑かった。水をたくさん飲んだし、ウエアは汗でずぶ濡れです。帰宅後すぐに洗いました。

とりとめもない記事です。
[PR]
今日はあまり書くことがなくて。
書棚からとても古い、80年代初頭の雑誌を出してきました。
なんと、大原まり子さんが描いたマンガも載っています。

以上。
d0164691_2132642.jpg

d0164691_212451.jpg

[PR]