開平した数が一般的にp+q√rと置ける

「数学ガール ガロア理論」の「角の三等分問題」を証明する単元だん。途中、一箇所わからないところがあったし、もう一度やり直す。

「開平した数が一般的にp+q√rと置ける」が、やはりわからない。

「開平した数が一般的にp+q√rと置ける」
気がついた。じつは、単純なことなのかもしれないな。

任意の実数aを考えて、それを開平すると√a

a=b*(c^2)とすると、√a=c√b

a=(p+q√r)^2
とすると、
√a=p+q√r

それだけの話なんじゃないかな。
[PR]
by tomoarrow | 2017-04-19 07:00 | モチーフについて | Comments(0)