「この世界の片隅に」再び

観てきましたよ。後半では再び号泣しました。一回目には気がつかなかった伏線や描写にも、あらかじめ気を回すので、気がつくこともいくつかありました。

でもそういうことに気を使わず、なにも気がつかずに観ていた一回目の感覚を、もういちど感じたいとも思いました。

むつかしいもんですね。
[PR]