地球にボールを落とすには

地球周回軌道の人工衛星から、地球にボールを落としたいと思ってください。どうしたらいいかな? すぐに思いつくのは、地球に向けて投げることですね。

でもそれは、とてつもない速さでボールを投げないといけません。仮に時速100キロで射出したとしても、このような軌道を取るだけなのです。
d0164691_10541299.jpg

これは人工衛星のスピードが、ボールよりもはるかに速いために起こる現象です。

ではどうしたら良いのか? 地球から見てボールが止まるような方向に投げるのです。進行方向の逆、つまり後ろに向かって人工衛星と同じ速度でボールを射出すれば、見事に地球に落下します。

(これは、SFマガジン1987/1、2月号の内藤淳一郎氏の記事をダイジェストして書いたエントリです。イラストは同記事に宮武一貫氏が書いたものの転載です)
[PR]
by tomoarrow | 2012-01-02 07:00 | モチーフについて | Comments(0)