圧縮言語 2

前回に続き、今日はもっと圧縮言語を考えてみます。

「前回に続き」これを圧縮するにはどうしたら良いのでしょうか。例えば、常用漢字とひらがな、カタカナを合わせると約2300字。これに番号を付けます。(そのままだと4桁ですが、16進法で記述すれば3桁になります)

すると、「前回に続き」は5文字なので、15桁の数字で表すことができます(16進法表記)。

「586314795863458」適当に打ちましたが、こんな具合。

これを、数学的に圧縮表記すれば、どうですかね。「538^3+1」みたいな。( 当然、この数字も適当です)

原理的には、どんな長い文章でもひとつの数式で表すことができると思いませんか?


[PR]
by tomoarrow | 2011-06-12 07:10 | モチーフについて | Comments(0)