圧縮言語

眉村卓の「産業士官候補生」に、会話語を簡略化して、時間あたりの情報密度を上げるシーンがあります。

「産業将校は最有能人間。現段階では低効率部門の拒否によってだけ可能。音楽は低効率の一。理解?」


その会話の一部ですが、これくらいなら、普通人が読んでも理解可能です。語尾のですますを省いて、体言止めを多用しているだけにも見えますが(笑い。

また、神林長平の「敵は海賊」シリーズにも高速言語が使われています。これは小説中では普通語で表記されています。

ロボットが登場するSFでは、ロボット同士の会話に独自のマシン語が設定されていることも多いですね。音声言語ではなく、無線通信でもいいのだし、人間言語よりも自由が利きますね。
[PR]
by tomoarrow | 2011-06-11 07:08 | モチーフについて | Comments(4)
Commented by diamonds8888x at 2011-06-11 09:26 x
雪風にも言葉が速くなったエピソードがありましたね。

中国版ツイッターなんてどうよ(^_^)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110510/219892/?P=2
中国語の140字は情報密度が高い

 産業将校の大活躍?は是非『Expo87』でお読み下さい。長いけど。
Commented by tomoarrow at 2011-06-11 12:46
>中国版ツイッター

会員でないので記事が読めないorz

漢字は意味が濃いので、アルファベットに比べて圧縮率が高いですよね。和歌をテーマにした歴史ミステリでは、和歌解釈が漢字の隠された意味に踏み込んだりして、もはや暗号解読になっているものもあります。

(お、これでひとつブログ記事が思いついたぞ)

「EXPO87」面白いですよね。むかし読みました。ビッグ・タレントが痛々しい・・
Commented by diamonds8888x at 2011-06-15 06:11 x
>会員でないので記事が読めないorz

 一応、登録は無料です。この著者の中国レポートはなかなかおもしろいです。尊大な北京大出身者とか(^_^)。

 「EXPO87」。巨大企業が経済戦争を繰り広げ、そのトップ達が政府もマスコミも支配している世界。今読み返すとなんだかなあという設定ですが、当時は結構信じられやすい設定ではありました。
Commented by tomoarrow at 2011-06-16 07:44
漢字は文字に意味があるし、文脈のどこに置くかでも意味が変わりますからね。表音文字文化圏の人にとっては、神秘的に見えるかも。

漢字(表意文字)を使った文章圧縮も、今度は考えてみます。入れ子式にできないかな。

「EXPO87」は、先鋭化する部分が現実と少しずれちゃったんでしょうね。僕が読んだのは90年代に入ってからだったので、古くさくも感じました。面白いんですけどねー。