グレッグ・ベア
早川書房

時系列で言えば「フンデーション」第1部「心理歴史学者」のリライトですが、アシモフのすっきりした原作を、陰謀うずまく大長編にしてしまったベアには感心します。

<新・銀河帝国興亡史>3部作は、どれも特徴があるのですが、読み返したくなるのは今作が一番ですね。
[PR]
去年ももらいましたが、今年も点数がたまったので、もらえました。

今年は深めのお鉢です。ご飯茶わんか、シリアルのお皿ですかね。

https://www.yamazakipan.co.jp/campaign/2017/spring/
d0164691_20221713.jpg

[PR]
読み

3/11
「幻魔大戦 20冊合本」
(読み飛ばしつつ、だいたい最後まで行った。こんなの時間の無駄)

3/12
「ビブリア古書堂の事件手帖 7」
三上延
メディアワークス文庫

3/21
「ファウンデーションと混沌」
グレッグ・ベア

買い
3/12
「ビブリア古書堂の事件手帖 7」
三上延
メディアワークス文庫

3/17
SFマガジン2017/02
早川書房
[PR]
ルービックキューブは、なかなかすごい数学の研究対象のようです。

部分群も見つけました。ある面を時計回りに90度回転させるのがα、反対方向に90度回転させるのがα^(-1)とすると、

{ε、α、α^(-1)、α^2}

は群になります。(εは回転させない単位元)
[PR]
映画館で3回観ましたが、買いました。さっそく観ましたよ。

字幕で見たのですが楽です。耳をそばだてなくていい。でも今度はテロップに目がいかなくなるのです。ふむう。次は字幕なしで見てみよう
[PR]